私たちを読んでください | 私たちに耳を傾ける | 私たちを見てください | SOULNATIONに ライブイベント | 広告をオフにする | Live |

この記事を翻訳するには、あなたの言語をクリックしてください。

Afrikaans Afrikaans Albanian Albanian Amharic Amharic Arabic Arabic Armenian Armenian Azerbaijani Azerbaijani Basque Basque Belarusian Belarusian Bengali Bengali Bosnian Bosnian Bulgarian Bulgarian Catalan Catalan Cebuano Cebuano Chichewa Chichewa Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Chinese (Traditional) Chinese (Traditional) Corsican Corsican Croatian Croatian Czech Czech Danish Danish Dutch Dutch English English Esperanto Esperanto Estonian Estonian Filipino Filipino Finnish Finnish French French Frisian Frisian Galician Galician Georgian Georgian German German Greek Greek Gujarati Gujarati Haitian Creole Haitian Creole Hausa Hausa Hawaiian Hawaiian Hebrew Hebrew Hindi Hindi Hmong Hmong Hungarian Hungarian Icelandic Icelandic Igbo Igbo Indonesian Indonesian Irish Irish Italian Italian Japanese Japanese Javanese Javanese Kannada Kannada Kazakh Kazakh Khmer Khmer Korean Korean Kurdish (Kurmanji) Kurdish (Kurmanji) Kyrgyz Kyrgyz Lao Lao Latin Latin Latvian Latvian Lithuanian Lithuanian Luxembourgish Luxembourgish Macedonian Macedonian Malagasy Malagasy Malay Malay Malayalam Malayalam Maltese Maltese Maori Maori Marathi Marathi Mongolian Mongolian Myanmar (Burmese) Myanmar (Burmese) Nepali Nepali Norwegian Norwegian Pashto Pashto Persian Persian Polish Polish Portuguese Portuguese Punjabi Punjabi Romanian Romanian Russian Russian Samoan Samoan Scottish Gaelic Scottish Gaelic Serbian Serbian Sesotho Sesotho Shona Shona Sindhi Sindhi Sinhala Sinhala Slovak Slovak Slovenian Slovenian Somali Somali Spanish Spanish Sudanese Sudanese Swahili Swahili Swedish Swedish Tajik Tajik Tamil Tamil Telugu Telugu Thai Thai Turkish Turkish Ukrainian Ukrainian Urdu Urdu Uzbek Uzbek Vietnamese Vietnamese Welsh Welsh Xhosa Xhosa Yiddish Yiddish Yoruba Yoruba Zulu Zulu

19 番目のインド COVID-XNUMX の波は、最初の波よりも壊滅的です

19 番目のインド COVID-XNUMX の波は、最初の波よりも壊滅的です
第二インド COVID-19 の波

政府の公共政策シンクタンクである NITI Aayog の CEO である Amitabh Kant 氏は本日、インドの COVID-19 の第 XNUMX 波は第 XNUMX 波よりも壊滅的なものであると述べました。

  1. CEO は、十分な量のワクチンが XNUMX 月以降に利用可能になると述べました。
  2. 草の根レベルで病院のインフラ、人材、ICU 施設を建設する必要性は、民間部門が国を支援する機会であると指摘されました。
  3. 第三波が来れば、農村部の子供たちや人々への影響が懸念されます。

第二波はしばらくの間、医療システムを圧倒し、政府はそれ以来、アクティブな COVID-19 の症例数を着実に減少させながら、一連の対策を講じてきました。

カント氏は、「ワクチン接種の取り組みはさらに強化されており、民間部門はパンデミックを管理する上で非常に重要な役割を果たし、政府の取り組みを大いに称賛しています」とカント氏は述べた。

インド商工会議所 (FICCI) がホスピタリティ企業 OYO と共同で主催した「命と生計を救うためのインタラクティブ セッション」で、カント氏は全体的なワクチン接種推進における民間部門の役割を称賛しました。

「XNUMX月からXNUMX月にかけてはワクチンの需給バランスが若干崩れる可能性がありますが、XNUMX月以降は十分な量のワクチンが利用できるようになります。 それ以来、私たちはすべての人にワクチンを接種できるようになるはずです インドで 適切に、それは私たちを助けるはずです」と彼は付け加えました。