24時間年中無休のeTV BreakingNewsShow : 音量ボタン(ビデオ画面の左下)をクリックします
速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 料理の 政府ニュース 健康ニュース ホスピタリティ産業 日本の最新ニュース ニュース 責任 観光 観光トーク 旅行先の更新 旅行の秘密 トラベルワイヤーニュース さまざまなニュース

大会で酒はありません:東京オリンピックはアルコールフリーになります

大会で酒はありません:東京オリンピックはアルコールフリーになります
大会で酒はありません:東京オリンピックはアルコールフリーになります

東京オリンピックの関係者は、競技会場で観客にアルコール飲料を販売することを許可するという以前の計画を明らかに覆した。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
  • 東京オリンピックの主催者は当初、オリンピック会場での酒類の販売を許可することを計画していた。
  • 23月XNUMX日から始まる東京オリンピックの観客ガイドラインは今週後半に発表される。
  • オリンピック会場では、酒類の販売が禁止される可能性があります。

世界 2020年東京オリンピック 主催者は当初、日本の首都が約XNUMXか月で試合開始の準備をしているため、オリンピック会場での酒類の販売を許可する予定でしたが、いくつかの制限がありました。

しかし、アサヒビールなどのスポンサーへの明らかな配慮に反対する声が大きくなるにつれ、大会の関係者は、競技会場での観客へのアルコール飲料の販売を許可するという以前の計画を明らかに覆しました。

丸川珠代オリンピック相は記者会見で、「イベントの特徴を踏まえ、組織委員会は利害関係者がいることを考慮に入れる」と述べた。

23月19日から始まる東京オリンピックの観客ガイドラインは今週後半に発表される。 主催者は、COVID-XNUMX感染のリスクを軽減するための対策の一環として、観客に会場の通路でグループでの飲食を控え、どこにも立ち寄らずに直接会場を行き来するよう求めています。

ゲーム組織委員会の橋本聖子会長は昨日、観客への酒類の販売は「検討中」であるが、人々が大声で話したり叫んだりするのを思いとどまらせることができるかどうか、そして中に入るときに安全プロトコルを守ることができるかどうかにかかっていると述べた。会場。

現在、日本の一般向けに施行されている規則も、そのような飲料を販売できるかどうかを検討する際の要因になると彼女は述べた。

しかし、一部の議員や医療専門家は、国がCOVID-19ワクチンの展開を加速するのに苦労し、東京の企業がアルコールの提供の抑制に取り組んでいるため、会場でのアルコールの販売について懸念を表明しました。

東京医師会の会長は記者会見で、観客が酒を飲めるように検討中の計画を「再考」してほしいと述べ、オリンピック会場での酒類の販売は禁止すべきだと述べた。

月曜日に、主催者は、地元のファンの出席上限に関する数か月の議論の後、会場を定員の50%、最大10,000人の観客で埋めることができると決定しました。 海外からの観客はすでに禁止されていた。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews ほぼ20年間。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。