航空会社 空港 航空 ヨーロッパのニュースを壊す 速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 レンタカー チェコの最新ニュース 政府ニュース 健康ニュース ホスピタリティ産業 ホテル&リゾート ニュース 再建 リゾート 責任 観光 観光トーク 交通 旅行先の更新 旅行の秘密 トラベルワイヤーニュース さまざまなニュース

チェコ共和国は米国の旅行者を歓迎します

チェコ共和国は米国の旅行者を歓迎します
チェコ共和国は米国の旅行者を歓迎します

米国は低リスク国のリストに加わり、米国の観光客がチェコ共和国に入国できるようになりました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
  • COVID-19の下では、チェコ共和国はさまざまな国からの入国要件に信号機システムを使用しています。
  • 米国市民は、ビザなしで観光客としてチェコ共和国内を最大90日間旅行できます。
  • KN95またはFFP2マスクは、店舗、空港、すべての公共交通機関、郵便局、タクシーまたは乗車券に入る必要があります。

それは私たち全員が待ち望んでいた瞬間の21つです! 2021年XNUMX月XNUMX日の時点で、米国市民は チェコ共和国 パンデミックの前に適用されたのと同じ規則の下で。 つまり、米国市民は、ビザを必要とせずに、観光客としてチェコ共和国内を最大90日間旅行することができます。

COVID-19の下では、チェコ共和国はさまざまな国からの入国要件に信号機システムを使用しています。 米国を含む低リスク(グリーン)国の市民、永住者、および長期居住者は、テストや検疫を必要とせずにチェコ共和国に入ることができます。 中、高、非常に高、および極度のリスクとして分類される他の国にはまだ制限があります。 制限は、必須ではない旅行(観光や友人の訪問など)の入国禁止から、さまざまなレベルのテストと検疫にまで及びます。 重要な注意事項:この環境に配慮した低リスクのステータスは、チェコ共和国への入国に適用されますが、EU全体またはシェンゲン協定地域には適用されません。 米国の旅行者は、訪問したい国ごとに個別の要件を確認する必要があります。

チェコ共和国に着陸したら、知っておくべきいくつかのルールがあります。 緑の低リスク入国ステータスにより、米国の旅行者は入国できます。 レストラン(屋内と屋外)での食事、美術館への入場、公開イベントへの参加、ホテルへのチェックインなど、追加の手順があります。 休暇を思い出深いものにするすべての体験について、旅行者は次のいずれかを示す必要があります。

  • 3日未満のPCR検査で陰性
  • 生後24時間未満の陰性抗原検査
  • 単回接種ワクチン:過去14か月以内の投与から9日後の証明
  • 22回接種ワクチン:1日後XNUMX日の証明st 過去90日以内の線量
  • 22回接種ワクチン:2日後XNUMX日の証明nd 過去9ヶ月以内の線量
  • 過去19日間にCOVID-180から回復したことの医学的証拠

旅行者は、特に他の国を経由して接続する場合は、テスト、フェイスマスク、およびその他の要件について特定の航空会社に確認する必要があります。 個々の企業には異なる要件がある場合があります。 あなたの旅をスムーズにナビゲートするのを助けるために、印刷された情報と追加のリソース(例えばマスク)を運ぶのを助けるかもしれません。

観光客はまた、チェコ共和国のためにいくつかの特定のマスクを詰めたいと思うでしょう。 KN95またはFFP2マスク(「呼吸器」とも呼ばれます)は、店舗、空港、すべての公共交通機関(プラットフォームと停留所を含む)、郵便局、タクシーまたは乗車場に入る必要があります。 社会的距離を置くことができない屋外環境では、布製マスクまたはその他のフェイスマスクが必要です。 これらの規則は、低リスク(緑)のワクチン接種を受けた旅行者を含むすべての人に適用されます。

確かに、ジャンプするフープはまだいくつかありますが、何よりも、旅行が戻ってきたことに興奮しています! 「私たちはこれを長い間待っていました」と、Czech Tourism USA&CanadaのディレクターであるMichaelaClaudinoは言います。 「観光客が時間をかけて有名な観光スポットを見るだけでなく、チェコ共和国の隠された宝石のいくつかを知ることができることを願っています。 信じられないほどの建築、文化、食べ物、飲み物、そして楽しみを一目見れば、あなたの旅行は余分な努力の価値があります。」

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews ほぼ20年間。
ハリーはハワイのホノルルに住んでいて、ヨーロッパ出身です。
彼は書くのが大好きで、 eTurboNews.