速報国際ニュース 政府ニュース ホスピタリティ産業 インドの最新ニュース インベストメンツ ニュース 再建 観光 観光トーク 旅行先の更新 旅行の秘密 さまざまなニュース

深刻なCOVID-19危機からの政府の救済に感謝するインド観光

言語を選択してください
インド観光

インドツアーオペレーター協会(IATO)は、ホンに感謝の意を表した。 首相とホン。 ビザが開いているときはいつでも、5年31月2022日まで適用されるXNUMX万ルピーの無料ビザを含む観光産業にいくらかの救済を与えた財務大臣。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
  1. IATOのラジブ・メーラ会長は、ホンの支持を認めた。 この危機的な時期の観光大臣。
  2. 本人からも発言がありました。 28年2021月XNUMX日午後に開催された記者会見で大蔵大臣。
  3. もちろんツアーオペレーターや登録された観光ガイドを含む、被害を受けた観光セクターに提供される救済。

Mehra氏は、e-Tourist Visaがまもなくオープンすることを期待しており、Honに訴えていると述べました。 首相は、30日間のすべてのビザは、31年2023月XNUMX日までビザを申請するすべての人に無料で提供されるべきであると述べました。

Mehra氏はまた、ツアーオペレーターと観光ガイドへの融資を検討してくれた政府に感謝しましたが、50年にツアーオペレーターが支払った賃金の2019%になる可能性のあるすべての公認ツアーオペレーターへの一時的な財政的助成金の提供も検討するよう政府に要請しました-20およびRs。 観光省/州政府によって2.5回限りの助成金として認められた各観光ガイドに298,163万ルピー(XNUMX米ドル)。 

Mehra氏は、政府の発表を待っているサービス部門で外国為替を稼ぐツアーオペレーター向けのSEIS 2019-20(インドからのサービス輸出スキーム)のリリースにより、その割合が外国人の少なくとも10%と見なされることを期待しています。収益を交換して、ツアーオペレーターがこのストレスの多い状況で生き残り、ビジネスを復活させ、メンバーが次のように終わらないようにするためのサポートを提供できるようにします。 非常に多くのCOVID-19犠牲者 代わりに、彼らのビジネスにいくらかの酸素を取り入れて、人工呼吸器に行き着かないようにします。

インドの旅行および観光産業もまた、将来復活し、力を維持するために政府からの継続的な支援を必要としています。 インド商工会議所連盟(FICC)私は、センターと州の両方が観光政策を組み立てることができるように、インドの観光を憲法の同時リストに含める必要があることを推奨しました 観光業の成長。 国内観光を復活させるために、政府は、休暇旅行手当(LTA)に沿って、国内の休日に費やすために最大1.5ルピーの税金の還付を提供する必要があります。

今日インドでは、3年2020月4日から47年28月2021日午後30,279,331時19分までの期間に、世界保健機関(WHO)に報告されたように、396,730件のCOVID-19の確定症例があり、2021人が死亡しています。 276,255,304年XNUMX月XNUMX日の時点で、合計XNUMX回のワクチン接種が行われています。

#rebuildingtravel

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

AnilMathur-eTNインド