24時間年中無休のeTV BreakingNewsShow : 音量ボタン(ビデオ画面の左下)をクリックします
航空会社 空港 ヨーロッパのニュースを壊す 速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 政府ニュース ホスピタリティ産業 人権 ニュース 再建 責任 観光 交通 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース さまざまなニュース

COVID-19パンデミックはプレミアムパスポートの強度を侵食します

COVID-19パンデミックはプレミアムパスポートの強度を侵食します
COVID-19パンデミックはプレミアムパスポートの強度を侵食します

ある程度の進展はありましたが、2021年12月から2019月の間に、国際的なモビリティはXNUMX年の同時期にパンデミック前のレベルのわずかXNUMX%に回復し、上位のパスポートでさえも理論と実際の旅行アクセスのギャップが提供されました重要なままです。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
  • 英国と米国のパスポートの電力が史上最低で急落。
  • 孤立主義とナショナリズムは、経済復興への道を阻んでいます。
  • COVID後の世界では、市民権はかつてないほど重要になっています。

世界が世界的な健康緊急事態の影響から立ち直ろうと奮闘しているとき、海外旅行に関する緊急の質問が残っています。パンデミック前のレベルに戻ることは可能ですか? それはどのように達成されますか? そして、誰が取り残されますか? 所有者が事前のビザなしでアクセスできる目的地の数に応じた世界のすべてのパスポートの元のランキングからの最新の結果と調査—楽観的な理由はあるものの、国境を越えた旅行という現実を和らげる必要があることを示しています著しく妨害され続けています。 ある程度の進展はありましたが、2021年12月から2019月の間に、国際的なモビリティはXNUMX年の同時期にパンデミック前のレベルのわずかXNUMX%に回復し、上位のパスポートでさえも理論と実際の旅行アクセスのギャップが提供されました重要なままです。

延期された 東京2020オリンピック わずか数週間後、「準非常事態」にある国であるにもかかわらず、日本はヘンリーパスポートインデックスのナンバーワンの座を維持しています。これは、 国際航空運送協会(IATA) —理論上のビザなし/到着時のビザスコアは193です。

トップ16でのヨーロッパのパスポートの優位性は、インデックスの2年の歴史のほとんどで認められてきましたが、日本、シンガポール、韓国のXNUMXつのアジア諸国の卓越性が新たな常識となっています。 シンガポールはXNUMXのままnd ビザなし/到着時ビザスコアが192で、韓国は引き続き共同3を共有しています。rd それぞれが191のスコアを持つドイツとの場所。

ただし、最高得点のパスポートの所有者でも現在利用可能な実際の旅行アクセスと比較すると、状況は大きく異なります。日本のパスポートの所有者は、80未満の目的地にアクセスできます(サウジアラビアのパスポートパワーに相当します。 71年にst シンガポールのパスポートの所有者は75未満の目的地にアクセスできます(74にあるカザフスタンのパスポートパワーに相当します)。th 場所)。

英国と米国のパスポートのパワーが史上最低で急落

Covid-19ワクチンの展開が大成功を収めている国でも、同様に悲観的な見通しがあります。英国と米国は現在、共同7を共有しています。th パスポート所持者は理論上世界中の2014の目的地にアクセスでき、187年にトップの座を獲得して以来、着実に減少した後、インデックスに掲載されました。 しかし、現在の旅行禁止の下で、英国のパスポート保有者は旅行の自由度が70%以上劇的に低下し、現在、世界で60未満の目的地にアクセスできます。これは、インデックスのウズベキスタンと同等のパスポートパワーです。 米国のパスポート保有者は、旅行の自由度が67%減少し、世界中の61の目的地にアクセスできるようになりました。これは、ヘンリーパスポートインデックスのルワンダと同等のパスポートパワーです。

旅行制限がいつまで続くかは定かではありませんが、少なくとも2021年を通じて世界のモビリティが深刻に妨げられることは明らかです。 多くの国で、世界的な危機に対処する能力に関して深刻な疑問が生じており、その後、より内向きの優先事項が受け入れられています。 孤立主義の高まりとグローバル化の進展は、間違いなく深刻な結果をもたらすでしょう。その中には、世界経済へのさらなる損害、グローバルな流動性の大幅な低下、家族やビジネスのために最善の選択をする人々の自由の制限などがあります。 これまで以上に、人々は居住地とパスポートの選択肢を拡大する必要があることは明らかです。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews ほぼ20年間。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。