24時間年中無休のeTV BreakingNewsShow : 音量ボタン(ビデオ画面の左下)をクリックします
航空会社 空港 速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 政府ニュース ニュース カタールの最新ニュース 再建 責任 観光 交通 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース さまざまなニュース

ICAOはカタール自身の空域を管理するというカタールの提案に光を当てる

ICAOは、原則として、ドーハ飛行情報区(FIR)およびドーハ捜索救助区域(SRR)の設立に同意した。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
  • カタールは、空域に独自の飛行情報区を設立します。
  • カタールは、バーレーンとの間で締結された航空航法サービスを委任した協定から撤退する。
  • この提案は、カタール国の主権のXNUMXつを表しています。

カタールは本日、国連が 国際民間航空機関(ICAO) 湾岸諸国と列を作ってから数か月後、自国の空域を管理するという国の提案に予備承認を与えた。

カタール当局によると、国連機関は、カタールがその空域に独自の飛行情報区(FIR)を設立することを「原則として」同意している。

ICAOの決定は、カタールからの、隣接するバーレーン湾岸諸国との間で締結された、航空航法サービスを委任した協定からの撤退の要請に応えたものでした。

サウジアラビアが主導する隣接する湾岸諸国のグループとのXNUMX年間の亀裂は、取引の欠陥を浮き彫りにし、カタールは他の国によって管理されている空域へのアクセスに完全に依存したままになりました。

カタールの運輸通信省は声明のなかで、ICAOは先月の会談で「原則として…ドーハ飛行情報区(FIR)とドーハ捜索救助地域(SRR)の設立に同意した」と述べた。

それは「カタールの主権空域を含み、地域空域の安全性と効率を最適化するために、公海上の他の隣接する空域を含む」と付け加えた。

カタールの提案はまた、「現在の取り決めから撤退する意図をカバーしており、それにより、バーレーンにその主権領土での航空航法サービスの提供を委任した」。

「この提案は、カタール国の主権のXNUMXつであり、カタールが航空航法システムを開発するために行った巨額の投資を示しています」とカタールのジャシム・アル・スライティ運輸相は声明で述べています。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews ほぼ20年間。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント