24時間年中無休のeTV BreakingNewsShow : 音量ボタン(ビデオ画面の左下)をクリックします
航空会社 空港 速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 ドイツの最新ニュース ニュース 再建 責任 観光 交通 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース さまざまなニュース

フランクフルト空港の魅力を探る

フランクフルト空港の魅力を探る
フランクフルト空港の魅力を探る

新しいフラポートビジターセンターが2月XNUMX日にオープンし、ビジターズテラスとエアポートツアーが再開されました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
  • ターミナル1のコンコースCにまもなくオープンする新しいマルチメディアビジターセンター。
  • 人気の空港ツアーもXNUMX月上旬に再開されます。
  • 「スマートウィンドウ」は、バーチャルリアリティを使用して、駐車中の航空機のリアルタイムデータでエプロンのパノラマを補完します。

フランクフルト空港 ターミナル1のコンコースCに間もなくオープンする新しいマルチメディアビジターセンターは、もうXNUMXつの魅力を獲得しています。新しい施設は、ドイツ最大の空港の魅力的な世界を訪問者の指先に届けます。 あらゆる年齢の空港ファンにとって、あらゆる感​​覚で航空ビジネスを探求する機会です。 マーシャラーの役割に滑り込み、ジェットを駐車位置に誘導するのはどうですか? あなたはここでそれをすることができます! それとも、空港の自動手荷物コンベヤーシステムの曲がりくねったトンネルを駆け抜けますか? バーチャルリアリティヘッドセットを装着して、爽快なモーションライドを始めましょう! 展示会の目玉であるTheGlobeでは、世界中の航空の実際の様子を楽しく体験し、フランクフルト空港がその中で果たす重要な役割について学ぶこともできます。

1,200平方メートルに及ぶ展示会の経路は、巨大な航空機が離着陸するために使用する経路と正確に一致する、輝く頭上のストライプによって示されます。 開始直後に、空港都市の55平方メートルのモデル(1:750のスケール)は、ゲストを発見の仮想航海に乗り出すように誘います。 空港全体とその400余りの建物のこの詳細なレプリカは、iPadを使用してインタラクティブに探索できます。 80以上のデジタル興味のあるポイントは、テキスト、ビデオ、3Dアニメーションの形で豊富な興味深い情報を提供します。 「スマートウィンドウ」は、バーチャルリアリティを使用して、駐車中の航空機のリアルタイムデータでエプロンのパノラマを補完します。 ツェッペリンとベルリン空輸についての魅力的な物語は、昔の旅行中にも楽しむことができます。

28のモニター画面で構成される巨大なインタラクティブLEDウォール「TheGlobe」は、FRAと世界中の他の地点との間で進行中のすべてのフライトをリアルタイムで視覚化します。 これは、グローバルなつながりの巨大なウェブと国際航空の複雑さを体験するための印象的な方法です。

人気の空港ツアーも45月上旬に再開されます。 スターターツアーは120分間続き、空港とその活動に関する魅力的な数字、データ、事実の流れを提供するライブナレーションが含まれています。 1分のXXLツアーでは、舞台裏をより広範囲に見ることができます。 航空機の近くを通過しながら、グランドハンドリングの操作、離陸、着陸を見ることができます。また、空港の南に新しい第3消防署と新しいターミナルXNUMXを建設する建設プロジェクトを垣間見ることができます。

空港への小旅行を締めくくるのに最適な方法は、人気のあるビジターズテラスからの眺めを楽しむことです。 ターミナル2にあるこのプラットフォームは、世界中の飛行機の着陸と離陸、および空港エプロンでの賑やかな活動の鳥瞰図を提供します。 再開を祝うために、期間限定で入場は無料です。いつでも訪問者の数を制限するためですが、時間枠を予約する必要があります。

すべての施設の予約が必要で、チケットショップで行うことができます。 www.fra-tours.com。 残念ながら、現場でこれを行うことはまだできません。 ドイツのヘッセン州での夏休み中、ビジターセンターのゲストは、FRAの公共駐車場に無料で駐車できます。車を運転するときにチケットを受け取り、ビジターセンターの入り口で有効性を確認してください。 また、日帰り旅行者にとって、フランクフルト空港は常に価値のある目的地です。当然ながら、感染を防ぐための現在の規則を順守しています。

知っておくべき重要事項:ビジターズテラスと同様に、マルチメディアフラポートビジターセンターもあらゆる種類のイベントを開催するために予約できます。 

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews ほぼ20年間。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント