24時間年中無休のeTV BreakingNewsShow : 音量ボタン(ビデオ画面の左下)をクリックします
健康ニュース ニュース 再建 タイの最新ニュース 観光 さまざまなニュース

ACまたはトイレのないCOVID-19患者のためのタイの電車

COVID-19患者のためのタイの電車

エアコンもトイレもありません…まだです。 それが、無症候性のCOVID-19患者が隔離病棟、つまり改造された電車に入院したときに直面していることです。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
  1. タイCOVID-治療施設への紹介を待っているバンコクの19人の患者は改造された電車の車で隔離されます。
  2. この隔離センターは、バーンスー中央駅のエレクトリックトレインデポに設置されています。
  3. 蚊帳と外部トイレの設置、および車両を電気と水に接続する作業が続けられています。

バンコクメトロポリタンアドミニストレーション(BMA)とタイ国有鉄道(SRT)は現在、バーンスー中央駅のエレクトリックトレインデポにCOVID-19患者の隔離センターを開設するために取り組んでいます。

タイ知事ポル。 Aswin Kwanmuang将軍は、この施設は、治療施設への紹介を待っているバンコクの無症候性COVID-19患者の事前入院センターとして機能すると述べた。

現在、15台のエアコンなしの寝台車が隔離病棟に改造されています。 各キャリッジは最大16人の患者を収容でき、下段のみが使用されます。 窓に蚊帳を設置し、車両を電力網と給水システムに接続し、外部トイレを設置する作業が行われています。

彼は、このプロジェクトは、タイ国有鉄道とバンコクメトロポリタンアドミニストレーションに新しい患者隔離施設を一緒に設立するよう指示したサクサヤームチドチョブ運輸大臣によって開始されたと述べた。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

Linda Hohnholz、eTN編集者

Linda Hohnholzは、キャリアをスタートして以来、記事の執筆と編集を行ってきました。 彼女はこの生来の情熱をハワイパシフィック大学、シャミナード大学、ハワイチルドレンズディスカバリーセンター、そして現在はTravelNewsGroupなどの場所に適用しています。

コメント