24時間年中無休のeTV BreakingNewsShow : 音量ボタン(ビデオ画面の左下)をクリックします
ヨーロッパのニュースを壊す 速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 健康ニュース 人権 ニュース 再建 責任 安全性 観光 トラベルワイヤーニュース 今流行っている 英国の最新ニュース アメリカの最新ニュース さまざまなニュース

ワクチン未接種のアメリカ人の33%は、ワクチン接種を受けることは決してないと言っています

ワクチン未接種のアメリカ人の33%は、ワクチン接種を受けることは決してないと言っています
ワクチン未接種のアメリカ人の33%は、ワクチン接種を受けることは決してないと言っています

英国の人々は、米国の人々のXNUMX倍のワクチン接種を受ける可能性があります。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
  • アメリカ人は、英国の対応者のXNUMX倍のジャブを受け取っていない可能性があります。
  • アメリカ人の39%は、「政府を信頼していない」ため、ワクチン接種を受けません。
  • 米国政府は、アメリカ人にワクチン接種を受けるよう説得するという真剣な道のりを歩んでいます。

米国と英国でのワクチンの躊躇に関する最新の調査からのデータと調査結果が本日発表され、米国政府がワクチン接種を受けることの重要性について市民を説得する上で真剣な道のりを歩んでいることが明らかになりました。

ワクチン未接種のアメリカ人の33%は、ワクチン接種を受けることは決してないと言っています

調査は5年2021月17日から2021年5,000月1,000日まで実施され、米国では約XNUMX人の参加者、英国ではXNUMX人の参加者を対象に調査が行われました。 データは、スマートフォンユーザーに参加の「ギグ」ワーカーとして支払うという斬新なアプローチを使用して収集され、これまでに数千人の実質的な回答が得られました。

その結果、米国と英国のワクチン未接種集団の重要な違いが明らかになり、ワクチン接種に対するさまざまなレベルの耐性が示されました。 調査はまた、予防接種を受けていない人に予防接種を受けるよう説得するために使用できる可能性のある開口部を強調しています。

調査から得られた最も関連性の高い調査結果のいくつかを次に示します。

  • アメリカ人は、英国のワクチン(19%)よりもCOVID-45ワクチンの単回投与を受けていない可能性が23倍(XNUMX%)でした。
  • ワクチン未接種のアメリカ人の33%とワクチン未接種の英国市民の23%は、ワクチン接種を受けることは決してないと述べました。
  • 現在ワクチン接種を受けていない人のうち、アメリカ人の39%と英国の参加者の33%は、政府を信頼していないのでワクチン接種を受けないと述べました。
  • 現在ワクチン接種を受けていない人のうち、英国の参加者の46%は、ワクチン接種を受けていないアメリカ人のわずか21%と比較して、ワクチンが効いたという証拠がもっとあればワクチン接種を受けると述べました。
  • アメリカのワクチン未接種の参加者のわずか7%が、COVIDが本当の危険であるとは思わなかったためにワクチン接種を受けていないと述べましたが、ワクチン未接種の英国の参加者の33%がそれを理由として挙げました。

これらの調査結果は、米国と英国の公衆衛生当局が、それぞれのワクチン未接種の人々に コロナ ワクチン。 英国のワクチン未接種人口の69%が、検査、安全性、または有効性に関する詳細情報を受け取ったら、ワクチン接種を受ける意思があるため(ワクチン未接種のアメリカ人のわずか49%と比較して)、英国の政策立案者の今後の道筋はより単純に見えます。 一方、米国の政策立案者は、政府に不信感を抱いているため、ワクチン接種を受けることは決してなく、ワクチン接種も受けないと述べている人口の大部分と戦わなければなりません。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews ほぼ20年間。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント