24時間年中無休のeTV BreakingNewsShow : 音量ボタン(ビデオ画面の左下)をクリックします
速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 政府ニュース 健康ニュース 日本の最新ニュース ニュース 安全性 観光 トラベルワイヤーニュース 今流行っている さまざまなニュース

モデルナCOVID-19ワクチンがXNUMX人の死亡後に日本で一時停止

モデルナCOVID-19ワクチンがXNUMX人の死亡後に日本で一時停止

日本の保健省は、バッ​​チからの用量を使用してワクチン接種されたXNUMX人の個人が死亡したことを確認しました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
  • 異物は多くのワクチンバッチで発見されました。
  • 日本政府は週末に汚染を発見しました。
  • 汚染は、生産ラインのXNUMXつでの製造上の欠陥が原因である可能性があるとModernaは言います。

日本政府は、日本の当局者が「汚染された」バッチからのショットを受けた後に死亡した19人の死者に続いて、ModernaCOVID-XNUMXワクチンの使用を停止しました。

異物が多数のバッチで発見された後、ModernaCOVID-19の数百万回の投与が中断されました。

日本の保健当局は週末に汚染を発見しました モダン 東京近郊の群馬県にあるCOVID-19ワクチンにより、当局はワクチン接種を一時的に停止せざるを得なくなった。

合計2.6万回の投与を一時停止する決定 モダーナワクチン 先週、全国の1.63以上のワクチン接種センターに出荷されたバッチでいくつかのバイアルに汚染物質が発見された後、860万発の注射が停止された後のことです。

汚染源は確認されていませんが、ModernaとModernaワクチンを製造している製薬会社Roviは、それは何よりも、生産ラインのXNUMXつでの製造上の欠陥が原因である可能性があると述べました。

日本の保健省は、バッ​​チからの用量を使用してワクチン接種された19人の個人が死亡したことを確認しました。 しかし、どちらの場合も死因は調査中であり、当局は安全上の懸念はまだ特定されていないと主張しています。 声明の中で、Modernaと日本の販売代理店である武田薬品は「これらの死亡がModernaCOVID-XNUMXワクチンによって引き起こされたという証拠はありません」と述べました。

群馬県は、愛知県、岐阜県、茨城県、沖縄県、埼玉県、東京県で同様の事件が発生した後、現在、Modernaワクチンの接種で汚染物質を発見した日本の19番目の都道府県です。 これは、日本がCOVID-XNUMXの急増と戦い、国の都道府県のほぼ半数が非常事態に追いやられたためです。

パンデミックの開始以来、日本はCOVID-1.38の確認された19万人の症例とウイルスによる15,797人の死亡者を記録しました。 これまでのところ、日本の当局者は、118,310,106回分のCOVID-19ワクチンを投与しています。 

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews ほぼ20年間。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント