ネクストライブセッション01月1.00日午後06.00時EST | 1000pm英国| 午後XNUMX時UAE
COVID19オミクロンと観光 

参加する  ズーム時 こちらをクリック

速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 Culture 政府ニュース ホスピタリティ産業 ホテル&リゾート イスラエルの最新ニュース ニュースリリース パレスチナの最新ニュース のワークプ 再建 責任 ショッピング 観光 トラベルワイヤーニュース

パレスチナの観光は、パンデミックのために1億ドル以上を失いました

パレスチナの観光は、パンデミックのために1億ドル以上を失いました
パレスチナの観光は、パンデミックのために1億ドル以上を失いました

パレスチナ政府は、コロナウイルスに対する予防措置と制限を緩和し、すべての部門が正常に行動することを許可しましたが、主にベツレヘムの観光部門は依然として苦しんでいます。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
  • パレスチナ自治区の観光セクターは、COVID-19パンデミックにより悪化し続けています。
  • ヨルダン川西岸の宿泊客の77.2%はイスラエルのアラブ人、22.5%はヨルダン川西岸の市民、そして海外からの訪問者はわずか0.3%です。
  • パレスチナ領土は、ヨルダン川西岸(東エルサレムを含む)とガザ地区のXNUMXつの異なる地域で構成されています。

本日発表されたパレスチナ世界観光の日の公式レポートによると、パレスチナの観光部門は、パレスチナ自治区でのコロナウイルスのパンデミックの発生以来、1億ドル以上を失っています。

パレスチナ中央統計局と考古省が共同で発行したこの報告書は、パレスチナの観光部門の業績は、特に西岸の都市ベツレヘムで、COVID-19のために悪化し続けていると付け加えた。

報告書によると、ヨルダン川西岸の宿泊客の77.2%はイスラエル・アラブ人、22.5%はヨルダン川西岸の市民、そして海外からはわずか0.3%です。

「パレスチナ政府はコロナウイルスに対する予防措置と制限を緩和し、すべての部門が正常に行動することを許可したが、主にベツレヘムの観光部門は依然として苦しんでいる」と報告書は述べた。

世界 パレスチナ領土 ヨルダン川西岸(東エルサレムを含む)とガザ地区のXNUMXつの異なる地域で構成されています。

の観光 パレスチナ領土 東エルサレム、ヨルダン川西岸、ガザ地区の観光です。 2010年には4.6万人がパレスチナ自治区を訪れましたが、2.6年は2009万人でした。このうち、2.2万人が外国人観光客で、2.7万人が国内観光客でした。

2012年の第150,000四半期には、40万人を超えるゲストがウェストバンクのホテルに滞在しました。 9%はヨーロッパ人で、XNUMX%は米国とカナダから来ました。 主要な旅行ガイドは次のように書いています。「西岸は旅行するのに最も簡単な場所ではありませんが、努力は豊かに報われます。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews ほぼ20年間。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント