2021年のトップの新しい旅行トレンド

メキシコ、中央アメリカ、カリブ海諸国、およびアフリカの多くが最も回復力があることが証明されている間、アジア太平洋地域の麻痺は続いた

2021年の世界旅行のレビューは、地域ごとに分類されており、海外旅行が麻痺した程度を明らかにしています。 全体として、国際的な空の旅は、パンデミック前のレベルの26分の8強(30%)でした。 アジア太平洋地域はわずか36%に達しました。 ヨーロッパは40%、アフリカと中東はXNUMX%、南北アメリカはXNUMX%を達成しました。

年の前半と後半(H1とH2)の旅行を比較すると、世界的な海外旅行は、パンデミック前のレベルの16%から36%に5倍以上になっていることがわかります。 しかし、回復は非常に不均一でした。 アジア太平洋地域では、フライトの到着は上半期の2019年のレベルの1%から上半期の10%に増加しました。 ヨーロッパでは、それらは2%から14%に増加しました。 中東とアフリカでは45%から24%に、南北アメリカでは48%から30%に成長しました。

地域内では、一部の国は他の国よりも旅行に対するCOVID-19の影響に対してはるかに回復力がありました。 訪問者数を最もよく維持した傑出した目的地は、中央アメリカ、特にエルサルバドルとベリーズ、そしてカリブ海–すべての米国の観光客のための休日のホットスポットでした。 それらの多くは、年間を通じて60年のレベルの2019%を超える訪問率を記録することができました。 同じ程度の旅行の回復力は、アフリカの約XNUMXか国に当てはまりました。 しかし、彼らの多くは観光業への依存度がはるかに低い経済を持っているため、彼らの回復力のレベルは少し注目に値しません。

中東が復活し始めた

さまざまな中東の目的地への旅行も、下半期の60%のベンチマークを超えました。 最も注目すべきは、トルコへの旅行がパンデミック前のレベルのH2の33%からH1の67%に上昇し、エジプトへの旅行が2%から37%に増加したことです。 ドバイは都市のトップの目的地としての地位を維持しました。 ドーハは航空輸送のハブとしてドバイを追い抜いた。

特に大国では、国内旅行が支配的でした

多くの国が海外旅行に厳しい制限を課すことができましたが、自国の人口を安全に保つ必要性を理由に、自国の人口に同様に厳しい制約を課すことは政治的に困難です。 その結果、特にブラジル、中国、ロシア、米国など、国境を越えずに数時間飛行できる地理的に大きな国では、国内旅行が比較的増加しています。 中国では、国内旅行量は早くも2020年19月にパンデミック前のレベルに戻りました。 しかし、COVID-148の症例が復活したため、128月と87月に再び後退しました。 ブラジル、ロシア、米国、中国では、国内旅行は76年下半期にパンデミック前のレベルのそれぞれ2021%、50%、28%、39%に上昇しましたが、1%、XNUMX%、XNUMX%、XNUMX%でした。海外旅行用。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews 20年以上のmroeのために。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント

eTurboNews | eTN