ヨーロッパのニュースを壊す 速報国際ニュース 料理の Culture 健康ニュース ニュースリリース のワークプ 責任 安全性 ショッピング 観光 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース 今流行っている 英国の最新ニュース ワイン&スピリッツ

英国は2020年にアルコール関連の死亡者数で新記録を更新

英国は2020年にアルコール関連の死亡者数で新記録を更新
英国は2020年にアルコール関連の死亡者数で新記録を更新

スコットランドとアイルランドの死亡率が最も高く、21.5万人あたりそれぞれ19.6人と100,000人でしたが、英国のXNUMXか国すべてでアルコール特有の死亡率が増加しました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

英国国家統計局(ONS)から新たに発表されたデータによると、2012年から2019年の間、アルコール特有の死亡者数は安定していたが、昨年は「統計的に有意な増加」が見られた。

本日発表された新しい数字によると、 イギリス アルコール消費に直接関連する死亡者数は毎年最も多く増加しており、COVID-2020のパンデミックの中で19年に新記録を達成しました。

「アルコール特有の原因による」8,974人の死亡が イギリス ONSによると、この数字は2020年と比較してそのカテゴリーの死亡者数が18.6%増加しており、2019年にデータの追跡が開始されて以来、このような前年比で最も高い増加率です。

一方、 スコットランド アイルランドは死亡率が最も高く、21.5万人あたりそれぞれ19.6人と100,000人で、XNUMX人すべてが死亡しました。 UK 各国では、アルコール特有の死亡率が増加しました。

統計機関によると、このような死亡のほぼ78%はアルコール性肝疾患が原因でした。

ONSは、データを検討する際に分析する「多くの複雑な要因」があるため、パンデミックとアルコール関連の死亡の増加との関連の可能性について結論を出すにはまだ時期尚早であると強調しました。

しかし、それはまた、パンデミックの間に消費パターンが変化し、アルコールが「入院と死亡の要因」であることを示す英国公衆衛生データにも言及しました。

先月のアルコール交換慈善団体は、COVID-19パンデミックのストレスの中でアルコール消費に対する懸念を提起しました。 組織は、「調査は、コロナウイルスのパンデミックが、より多くの人々が通常よりも頻繁に、より多く飲むための条件を作り出したことを一貫して示しています」と述べました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews ほぼ20年間。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント