ヨーロッパのニュースを壊す 速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 ホスピタリティ産業 ニュースリリース のワークプ 観光 トラベルワイヤーニュース 英国の最新ニュース

VisitBritainCEOが2022年春に辞任

VisitBritainCEOが2022年春に辞任
VisitBritain / VisitEngland CEO Sally Balcombe

最初にVisitBritain、次にVisitBritain / VisitEnglandのCEOをXNUMX年以上務めているバルカム氏は、新しい機会を追求するために国の観光局を離れます。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

VisitBritain / VisitEngland CEO サリー・バルカム 彼女は今年の春にその役割を辞任すると発表しました。

バルカムさん、最初はVisitBritain、次に VisitBritain / VisitEngland、XNUMX年以上の間、新しい機会を追求するために国の観光局を離れています。

バルカムさん 国家観光局を率いることは光栄だったと言った。

「私が入社したとき、2014年に、私たちはすでに世界クラスの成功した業界をサポートする高性能のエージェンシーでした。 パンデミックが発生するまで、私たちの業界は強みから強みへと変化し、訪問と支出の両方で記録的な数を集め、雇用と経済成長を生み出しました。

「その後、COVIDが発生し、業界で最初に最も大きな打撃を受けました。 私たちの部門は常に適応することができ、COVIDも例外ではなく、会議センターは病院や美術館、アトラクションになり、コレクションをオンラインで利用できるようになりました。

「私たちが2022年に入ると、私たちの業界は多くの課題に直面し続けます。私たちの焦点は、訪問者の支出をできるだけ早く回収し、業界をサポートすることによって、COVID-19パンデミックからの即時の観光回復を推進することです。」

英国観光局(BTA) 暫定議長のDameJudith Macgregorは、次のように述べています。

「BTA理事会を代表して VisitBritain / VisitEngland サリーの長年にわたる成功した開発における卓越した創造的なリーダーシップと、パンデミックの困難を乗り越え、この打撃を受けた業界をサポートするための優先順位と長期戦略を設定してくれたサリーに心から感謝します。危機から回復へ、そしてそれを超えて。

「サリーは、英国の観光業界に重要かつ永続的な貢献をしてきました。 VisitBritain / VisitEngland、しかし旅行で40年以上にわたるキャリアを持つ。 サリーが将来のために最善を尽くすことを願っています。」

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews ほぼ20年間。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント