濾胞性リンパ腫の治療のための新しい希少疾病用医薬品の指定

著者 エディタ

革新的な治療薬と医薬品の開発と商品化に焦点を当てた米国のバイオ製薬会社であるCASIPharmaceuticals、Inc。は本日、米国食品医薬品局(FDA)がパートナーのBioInvent International ABに希少疾病用医薬品指定(ODD)を付与したことを発表しました。成長の遅い非ホジキンリンパ腫(NHL)の最も一般的な形態である濾胞性リンパ腫(FL)の治療のための治験中の抗FcyRllB抗体であるBI-1206。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

BI-1206はBioInventの主要な薬剤候補であり、現在1つの第2/1206相試験で調査されています。 1つは、非ホジキンリンパ腫の治療のためにBI-2とリツキシマブの併用を評価することです。これには、リツキシマブが再発した、またはリツキシマブに抵抗性のFL、MCL、辺縁帯リンパ腫(MZL)の患者が含まれます。 1206番目の第1/XNUMX相試験は、固形腫瘍における抗PDXNUMX療法Keytruda®(ペムブロリズマブ)と組み合わせたBI-XNUMXの調査です。

CASIの会長兼最高経営責任者であるWei-WuHe博士は、次のようにコメントしています。 1206年2021月の中国でのCTA承認と、最近のFDA希少疾病用医薬品指定は、このファーストインクラスの抗体の強力な可能性を示しています。 CASIはBI-1026の中国での商業的権利を有しており、私たちのチームは中国の臨床試験の準備をしています。 CASIとBioInventはシームレスなパートナーであり、革新的な製薬技術で患者に利益をもたらすという共通の目標を持っています。」

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

eTurboNews | TravelIndustryニュース