起亜EV6は2022年にカーオブザイヤーを受賞しました。 賞

著者 エディタ

Kia EV6は、権威ある2022年のWhat Carで、総合的な「Car oftheYear」賞を受賞しました。 「電気SUVオブザイヤー」に選ばれるとともに、賞を受賞。 起亜自動車の最初の専用電気自動車のこの歴史的な勝利は、EVがWhatCarを獲得したのは2019回目です。 XNUMX年の起亜ニロEVに続く「カーオブザイヤー」の王冠。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

Kia EV6の最新の「カー・オブ・ザ・イヤー」トロフィーは、昨年10月に世界で初めて発売されて以来、XNUMXか月間で、意見をリードする国際メディアタイトルの専門家からの記録的な数の賞と称賛を受けています。

「EV6は、実世界の広大な範囲と、ライバルが追いつけない速度で充電する機能を組み合わせて、人々が電気自動車に関してまだ抱えている6つの最大の懸念に対処します。 さらに、ガソリンとディーゼルのモデルで共有されるセットではなく、特注の電気基盤を使用することで、Kiaはコンパクトなサイズの電気モーターを利用して、非常に広々とした実用的な車を製造することができました」と編集者のSteveHuntingford氏は述べています。何の車の? マガジン。 「楽なパフォーマンス、卓越した洗練、競争力のある価格設定、そして最高の保証のXNUMXつを追加すれば、印象的なEVXNUMXは未来のように見えるだけでなく、そのようにも感じられます。」

「今年のWhatCarで 『カー・オブ・ザ・イヤー』を受賞した起亜自動車にとって、大きな名誉です。 賞を受賞し、起亜製品の範囲を電化するという当社の戦略的取り組みが実際にどのように成果を上げているかをもう一度示します。 EV6は並外れた自動車であり、持続可能なモビリティソリューションの世界的なリーディングプロバイダーになるという私たちの揺るぎない焦点を示しています」と起亜自動車の社長兼最高経営責任者であるホーソンソンは述べています。 「私たちの範囲を電化する私たちの計画は勢いを増しており、私たちの計画S戦略の一部として11年までに2026の新しいBEVモデルが含まれ、そのうち電気自動車が私たちの世界的な売上の大部分を占めるでしょう。」

EV6は、クロスオーバーSUV市場に、長距離のゼロエミッションパワー、800Vの超高速充電、および独特のスタイリングをもたらします。 EV6により、車両はWLTP複合サイクルでの528回の充電で最大800 kmの走行距離を達成できます。また、高度な10V充電テクノロジーにより、ドライバーはわずか80分で18〜XNUMX%の充電が可能になります。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

eTurboNews | TravelIndustryニュース