米国と中国間の多くの直行便が中断された

中国の航空会社

米国と中国間の直行便での飛行は深刻な問題になりつつあり、COVIDだけが理由ではありません。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

米国政府は本日、チャイナエアラインによる両国間の44便の運航停止を発表しました。

これは、中国当局が米国の空母の飛行を継続することを停止した同様の動きに対する反応でした。 中国の理由は、米国でのCOVID-19の発生でした。

最新の停止は30月29日に始まり、厦門航空はロサンゼルスから厦門へのフライトを許可されていません。 米国運輸省によると、この停止はXNUMX月XNUMX日まで設定されています。

中国南方航空とイースタン航空も影響を受けます。

中国当局は、一部の乗客がCOVID-20の検査で陽性となった後、ユナイテッド航空10便、アメリカン航空14便、デルタ航空19便を一時停止しました。 火曜日と同じくらい最近、運輸局は中国政府が新しい米国のフライトのキャンセルを発表したことに気づきました。

ワシントンの中国大使館のスポークスマンである劉鵬宇氏はロイター通信に対し、中国への国際旅客便の方針は「公正、オープン、透明な方法で中国と外国の航空会社に等しく適用されている」と語った。 同時に、大使館は、米国が中国を拠点とする航空会社に反対する動きを不合理だと批判した。

エアラインズ・フォー・アメリカは、中国市場における米国の航空会社の公正な扱いを確保するために、米国政府による停止を支持しました。

運輸局は、フランスとドイツが中国のCOVID-19の行動に対して同様の行動をとったと述べた。 中国による44便の停止は、「公益を嫌い、比例した是正措置を必要とする」と述べた。

中国の「指定された米国空母に対する一方的な行動は、二国間協定と矛盾している」と付け加えた。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ユルゲンTシュタインメッツ

Juergen Thomas Steinmetz は、1977 年にドイツで XNUMX 代の頃から旅行および観光業界で働いてきました。
彼は設立しました eTurboNews 1999年に世界の旅行観光業界向けの最初のオンラインニュースレターとして。

コメント

eTurboNews | TravelIndustryニュース