トンガの中国人ビジネスマンが島の様子を報告

著者 エディタ

中国人実業家のYuHongtaoはトンガにいます。 CGTNとのインタビューの中で、彼は火山噴火後、島のいたるところにほこりがあると言いました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

「私がこれまでに見たのは、誰もが緊急救助と災害救援活動に携わっているということです」とYuは言いました。 「ほとんどの人がマスクを着用しています。 降灰が数時間続いたので、火山灰が通りにあります。 地面は、植生や人々の家など、灰で覆われています。」

「何人かのボランティアは道路を掃除していますが、まだ森の中ではありません。 人々はちょうど道路を片付けているところです」と彼は言いました。

トンガの水、電気、食料などの生活環境については、ゆうの状況はまだ正常に戻っていませんが、一部の地域で改善が見られます。

彼は、噴火が電力をノックアウトした後、XNUMX日以内に多くの地域で電気が回復したと言いました。 また、夜明け後、噴火当日、全員が物資を補充しました。

「私は個人的に水を買いだめし、次に食料とさらに多くの水を買いだめしました」と彼は言いました。

「ここには十分な物資があります。 現在、スーパーマーケットにはボトル入り飲料水はありませんが、他の供給品はまだ利用可能です。」

現在、野菜はご利用いただけません。 ユウ氏は、農業で働いている友人が、島の人々は一ヶ月以上新鮮な野菜を食べないだろうと言ったと言った。 果物については、「島には、そもそもスイカが少ししかありません。 しかし、これでさえ今では不足しています。」

「人生が正常に戻ったとは思わない」とYuはCGTNに語った。

彼は副首相が非常事態を宣言し、トンガンは災害救援活動に参加し、道路上の火山灰を浄化していると述べた。

「クリーンアップされていない場合、車両が通り過ぎるときに空中に飛んで戻り、屋上に着陸します」と彼は言いました。

「トンガの飲料水は雨から直接来ています。 すべての家庭の屋根に雨水収穫機が設置されているため、すべての灰がきれいになっていることを確認する必要があります。」

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

eTurboNews | TravelIndustryニュース