次の新しいシャルキュトリーボード:バナナを手に入れよう!

著者 エディタ

Flavour&TheMenuの毎年恒例のTop10 Trendsは、「イノベーションの民主化」を示しており、一部のレストランのトレンドは現在、消費者の行動に触発されています。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

頭を回転させるシャルキュトリーボード、独創的なバナナを注入した飲み物とデザート、メキシコのコンフォートクラシックの新しいスピンは、10年のメニュートレンドを推進する2022の主要な影響力の10つであり、getflavor.comでオンラインで新しくリリースされたTop XNUMXTrendsエディションのFlavor&TheMenuマガジンを予測しています。

毎年、Flavor&TheMenuの編集者であるCathyNashHolleyとKatieAyoubは、今日の消費者の共感を呼び、レストラン業界に成長の機会を提供する一連のトレンドをまとめています。 それらは、新たなフレーバーのトレンドを強調し、10のそれぞれの背後にある「理由」に光を当てる洞察を提供します。この象徴的な問題は、革新のロードマップとして機能し、メニュー開発者に市場での実装のアイデアを提供します。

「今年のトップ10トレンドのコレクションは変化を示しており、食品や飲料のトレンドのインスピレーションに関しては、若い消費者が実際に運転席にいます」と、Flavor&TheMenuのパブリッシャー/編集長であるCathyNashHolleyは述べています。 「私たちの調査では、ソーシャルメディアが進歩し、レストランのトレンドが消費者の行動に触発されるようになっていることが証明されています。 これは、ユーザーが個人的なブランド構築の取り組みのためにレストランと提携したほんの数年前の逆です。 この号で取り上げられているトレンドのいくつかは、ソーシャルメディアユーザーの巧妙なスキルと大きな影響にまでさかのぼります。」

編集長のKatieAyoubは、この現象を「イノベーションの民主化」と表現しています。 「今日の人気のソーシャルメディアチャネルは、若い消費者が食べ物や飲み物のトレンドに対する創造性と情熱を披露することを可能にし、刺激します。 シャルキュトリーボード、バナナブレッド、ポケットフォールドのケサディラなど、これらの楽しい家庭でのトレンドは、このスペースですぐに火をつけ、勢いを増し、より多くの反復への熱意を高めます。 シェフ、パティシエ、ミクソロジストは、そこから飛び出し、新しく発見されたポップカルチャーの雰囲気を活用して、これらのフレーバーとフォームをメニューの新しいエキサイティングな方向に導くことができます」とAyoub氏は言います。

フレーバーとメニューの10年のトップ2022トレンド:

1.次のレベルの豚肉:ソーシャルメディアによって活気づけられた豚肉委員会は、究極の共有可能物として復活を始めました。

2.スペインのボカディージョ:スペインのシンプルで素朴なボカディージョは、アメリカのメニューに家を見つけています。

3.現代ギリシャ語:何世代にもわたって料理を定義していたキッチュな「アメリカ化」ギリシャ語を避け、レ​​ストランは本物のレシピと食材で文字盤をリセットしています。

4.トロピカルフレーバー:ムードを高める色、鮮やかな食材、島からの脱出の感性で、トロピカルのフレーバーは現実逃避と喜びを提供します。

5.メキシコの快適さ:ケサディーヤ、タキートス、ビリアなどの渇望に値する料理の次のレベルの調整は、家庭的な快適さに包まれた安全な冒険を提供します。

6.植物ベースのシーフード:革新的なサプライヤーがフードサービスに代替製品を導入するにつれて、植物ベースのシーフードはメニューに波を起こし始めています。

7.塩:塩は、それ自体で調味料とインパクトのあるフレーバーの両方として注目を集めています。

8.セイボリーハンドパイ:ハンドパイに特化したコンセプトにより、エンパナーダ、ミートパイ、パスティ、パフなどの革新のエンジンが復活しました。

9.バナナ:メニュー開発者は、控えめなバナナに見られる可能性の層をはがすことができます。トロピカルトーンをダイヤルアップしたり、サザンカンフォートに寄りかかったり、折衷的なマッシュアップを探索したりできます。

10.コールドコーヒードリンク:若い消費者は、コールドコーヒー飲料の革新を推進しており、新しいノンアルクコーヒートニックからカクテルでの幅広い使用まで、幅広いアプリケーションでメニューの革新を推進しています。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

eTurboNews | TravelIndustryニュース