ヒト臍帯血を使用して急性脳卒中を治療するための成功した臨床試験

急性虚血性脳卒中を持続した45〜80歳の患者を対象に第I相試験が実施されました。 臍帯血は、ABO / Rh血液型、ヒト白血球抗原(HLA)の一致> 4/6、および総単核細胞(MNC)数の細胞量0.5-5 xに基づいて、StemCyteの公的な臍帯血インベントリーから取得されました。 107細胞/ kg。 さらに、臍帯血移植の4分後およびその後100時間ごとに、30回の4mL用量のマンニトールを静脈内投与しました。

主な結果は、輸血後100日以内に移植片対宿主病(GVHD)を発症した患者の数でした。 二次的な結果は、国立衛生研究所の脳卒中スケール(NIHSS)、バーセル指数、およびバーグバランススケールスコアの変化でした。 ある症例では、末期腎疾患の高血圧と血液透析の病歴を持つ46歳の男性患者が、同一のABO / Rh、6/6 HLA一致、および2.63 x108のMNCカウントを持つhUCBを使用して同種異系に治療されました。細胞/ kg。 患者は、12か月の研究中に重篤な有害事象またはGVHDを呈しませんでした。 彼のNIHSSスコアは9から1に減少しました。 バーグバランススケールスコアは0から48に増加し、バーセル指数スコアは0から90に増加しました。この予備研究は、虚血性脳卒中による片麻痺の成人患者が同種UCB療法を受けてから12か月以内に完全に回復したことを示しました。

「StemCyteの第I相試験の成功した臨床結果に非常に満足しています」とStemCyteの社長兼会長のJonasWang博士は述べています。 「急性脳卒中は、世界でそれぞれ30番目と35番目の主要な死因であり、この結果は予想外であったのと同じくらい傑出しています。」 脳卒中を患う人々の約75%-15%が死亡し、生存者の約20%が永続的な障害を抱えています。 急性期の現在の治療には、血栓溶解剤、抗凝固剤、および抗血小板剤の使用が含まれます。 ただし、そのような薬剤を使用すると、出血の発生率がXNUMX%〜XNUMX%増加します。

臍帯血幹細胞は神経細胞に増殖し、いくつかの神経変性疾患の治療に有効であることがわかりました。 脳卒中では、UCBおよびMNCの静脈内注射により、運動能力が回復するだけでなく、TNF-α、IL-1β、IL-2などの炎症マーカーの発現低下によって示される神経保護効果が得られます。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

関連ニュース