ウガンダのマーチソンフォールズ国立公園で象に殺されたサウジアラビアの観光客

ウガンダのマーチソンフォールズ国立公園で象に殺されたサウジアラビアの観光客
ウガンダのマーチソンフォールズ国立公園で象に殺されたサウジアラビアの観光客
最終更新日:

25年2022月XNUMX日、旅行者は象に踏みにじられて死にました。 ウガンダのマーチソンフォールズ国立公園。公園を通り抜けて西ナイルのアルアの町に向かいます。

バシール・ハンギが出した声明 ウガンダ野生生物局(UWA) CommunicationsManagerは部分的に次のように読みます。

「マーチソンフォールズ国立公園で11人が象に殺されたことを一般の人々に知らせたことを残念に思います。 不幸な事件は今日の午前00時頃に起こった。 亡くなったアイマン・サイード・エルシャハニーは、サウジアラビア国民と一緒に、トヨタのステーションワゴンであるウィッシュモータービークルNo. UBJ917を隣接するマシンディの町から移動し、公園を通って西ナイルのアルア市に向かいました。 彼らは途中で立ち止まり、故人は車から降りました。 象が彼を起訴し、その場で彼を殺した。 私たちはこの事件に悲しみ、故人の家族や友人に心からお見舞いを申し上げます。」

不幸な事件はパクワチ警察に報告され、UWAはこの問題が完全に調査されることを確実にするために警察と緊密に協力しています。

公園当局は、一般の人々、特に保護地域を通過する人々に、予防策を講じ、危害を加えないように訴えました。

UWAは、このような事件の再発を避けるために安全プロトコルを強化するために見直しを行っており、ウガンダの公園がすべての訪問者にとって安全であり続けることを国民に保証しています。

ウガンダ観光協会(UTA)の観光技能部門の会長でもあるハーバート・ビャルハンガ会長は、この事件をどのように回避できたのかについての意見を求められたとき、次のように述べました。

「人々が入場料を支払うすべての入場者には高齢者がいるはずです。 この人は、入室する人に簡単に説明する任務を負っています。
国立公園。 ブリーフィングが行われると、注意を払う可能性が非常に高くなります。 また、マーチソンフォールズ国立公園には自動速度取締機が必要です。 太陽光発電の自動速度取締機は、本部の交通監視員に通知します。 入り口にチラシがあるはずです
公園に入るすべての観光客に与えられるべきです」

アフリカゾウは地球上で最大の陸生動物で、体重は最大XNUMXトンです。 彼らはアジアのいとこよりもわずかに大きく、アフリカ大陸のように見える大きな耳で識別できます。 (アジアゾウの耳は小さく、丸みを帯びています)。

彼らは長い間XNUMXつの種としてグループ化されていましたが、科学者たちは実際にはXNUMX種のアフリカゾウが存在し、どちらも絶滅の危機に瀕していると判断しました。 サバンナゾウはサハラ以南のアフリカの平原を歩き回る大きな動物であり、マルミミゾウは中央アフリカと西アフリカの森林に生息する小さな動物です。

国際自然保護連合は、サバンナゾウを絶滅危惧種、マルミミゾウを絶滅危惧種に指定しています。

に約5,000頭の象がいます ウガンダ 今日。 それらは主にキデポ渓谷、マーチソン-セムリキ、およびキバレの森、ブウィンディ原生林、そして
ルウェンゾリ山国立公園。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

関連ニュース