最もお金をかけずに最も太陽を浴びる:最も安い太陽の光の目的地

最もお金をかけずに最も太陽を浴びる:最も安い太陽の光の目的地
最もお金をかけずに最も太陽を浴びる:最も安い太陽の光の目的地

少しの太陽は私たち全員にとって良いことですが、どこで最も安い価格で最も多くの太陽を得ることができますか? 

新しい調査によると、カリフォルニア州フレズノは、最も日光が当たる場所として最も安価な場所の9.80つであり、太陽の下での滞在にかかる費用はXNUMX時間あたりわずかXNUMXドルです。 

一方、ラハイナ、マイアミ、フェニックス、 ラスベガス.

この調査では、世界中のさまざまな休暇の目的地がXNUMX日に受ける日照時間と、各目的地に滞在する平均コストを分析して、最も日照が最も多い国を明らかにしました。

世界で最も安いサンシャインの目的地トップ10

ランク開催場所平均年間日照時間XNUMX日の平均日照時間XNUMX泊のダブルホテルルームの平均費用日照時間あたりのコスト
1アルバニア、ティラナ3,4529.5$ 56$ 5.88
2デンパサール、バリ島にある3,1388.6$ 58$ 6.78
3ヨハネスブルグ、南アフリカ3,3349.1$ 73$ 8.02
4ブカレスト、ルーマニア3,0108.2$ 68$ 8.22
5ニコシア、キプロス3,64910.0$ 98$ 9.76
6フレズノ、カリフォルニア州3,73610.2$ 100$ 9.80
7カイロ、エジプト3,68210.1$ 103$ 10.22
8ロードス島、ギリシャ3,70410.1$ 110$ 10.82
9パナジ、ゴア、インド3,2869.0$ 99$ 11.00
10プーケット、タイ3,4509.5$ 104$ 11.04

日照時間のために訪れる最も安い目的地はアルバニアのティラナで、日照時間あたりの費用は5.88ドルです。 ティラナはまた、あなたが訪れることができる最も日当たりの良い休暇の目的地の3,452つであり、年間平均9.5時間の日光を浴び、XNUMX日あたり約XNUMX時間の日光に相当します。

6.78番目に安い日照時間の目的地はバリ州デンパサールで、日照時間あたりの費用は3,138ドルです。 太陽に最適な場所の8.6つであるこの都市では、年間平均XNUMX時間の日照があり、XNUMX日あたり約XNUMX時間の日照があります。

8.02番目に安い日照時間の目的地は南アフリカのヨハネスブルグで、日照時間あたりのコストは3,334ドルです。 ヨハネスブルグは一年中天気が良く、気候、野生生物、文化で毎年何百万人もの観光客を魅了し、世界で最も晴れた休暇の目的地の9.1つです。 ヨハネスブルグでは、毎年約XNUMX時間の日照時間があります。つまり、毎日平均XNUMX時間の日照時間があります。

サンシャインの目的地トップ10

ランク開催場所平均年間日照時間XNUMX日の平均日照時間XNUMX泊のダブルホテルルームの平均費用日照時間あたりのコスト
1ラハイナ、マウイ、ハワイ3,3859.3$ 887$ 95.62
2マイアミ、フロリダ州3,2138.8$ 370$ 42.05
3ベルマーレ、モーリシャス2,5657.0$ 286$ 40.71
4モナコ、モナコ3,3089.1$ 359$ 39.65
5トゥルム、メキシコ3,1318.6$ 334$ 38.88
6アリゾナ州フェニックス3,91910.7$ 339$ 31.57
7セビリア、スペイン3,4339.4$ 274$ 29.12
8イビサ、スペイン3,5459.7$ 274$ 28.20
9ラスベガス、ネバダ州3,89110.7$ 296$ 27.73
10バレンシア、スペイン3,4479.4$ 251$ 26.56

世界で最も高価な太陽の光の目的地はラハイナです。 ハワイ州マウイ島 日照時間あたりのコストは95.62ドルです。

観光スポットは島の人気のビーチリゾートに橋を架け、マウイの歴史と文化の中心地です。 ラハイナでは、3,385年に約9.3時間の日光が見られます。これは、XNUMX日あたり約XNUMX時間の日光に相当します。

42.05番目に高価な日照時間の目的地はフロリダ州マイアミで、日照時間あたりの費用は3,213ドルです。 ビーチでの休暇に最適な都市の8.8つであるマイアミは、米国および世界中からの旅行者に人気のある観光地です。 市は年間約XNUMX時間の日光を浴びているため、XNUMX日あたり平均XNUMX時間の日光を浴びています。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews 20年以上のmroeのために。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント

eTurboNews | TravelIndustryニュース