Breaking Travel News 政府ニュース インベストメンツ イラン速報 ニュース 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース さまざまなニュース

イランの成長する観光産業:米国の制裁は問題ではない

イラン
イラン
著者 eTN編集長

米国の制裁は、イランの観光産業の成長と繁栄を止めることができませんでした。

これは、米国の制裁にもかかわらず、過去数か月間に何百万人もの観光客がイランのイスラム共和国を訪れたと発表したときのイランの文化遺産、観光および手工芸品組織(CHHTO)のモハマドカヤティアン副長官によるものです。

イランの観光産業は順調に進んでおり、順調に進んでいると、副大統領であるムーネサン氏は、CHHTOの省庁への最近の転換について話し合った議会セッションへの出席の傍観者として述べた。

2017年、イランを訪れる外国人観光客の数は4.7万人でした。 2018年には、その数は7.7万に達しました。

2018年XNUMX月頃、米国政権の行動とイラン核合意からの撤退を警告する政府通知が反応したため、観光業界のリーダーたちは、対策が訪問する観光客の数に影響を与えないようにそれに応じて計画を開始しました。

観光の新しいターゲット市場を定義することは反応でした。 オマーンと中国との一方通行のビザ免除が反応でした。オマーンだけから、イランは4,700人の観光客を受け入れました。 過去12,400ヶ月でXNUMX人の観光客に達しています。

今のところ、観光客は治療を受けるためにイランを訪れますが、巡礼をすることは、ヨーロッパの観光客によってもたらされる収入よりもさらに多くの収入を国にもたらしました」と彼は言いました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

eTN編集長

eTN管理割り当てエディター。