航空会社 空港 ヨーロッパのニュースを壊す 速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 政府ニュース アイルランドの最新ニュース ニュース のワークプ 再建 責任 安全性 観光 交通 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース 今流行っている 英国の最新ニュース さまざまなニュース

Ryanair CEO:COVID-19に対する英国の反応は「ばかげている」

Ryanair's O'Leary:COVID-19に対する英国の反応は「ばかげている」
ライアンエアー最高経営責任者Michael O'Leary

ヨーロッパ最大の格安航空会社の責任者は、英国政府の対応が不十分であると批判しました。 コロナ 危機。

ライアンエアー 最高経営責任者のマイケル・オライリーはまた、海外から来る旅行者のために新しく導入された政府の検疫規則を「ばかげている」と呼びました。

「それはばかげていて、実行不可能です。 英国には十分な警察がありません」とライアンエアーのCEOはインタビューで述べました。

先週、英国のボリス・ジョンソン首相は、英国に到着するすべての旅行者が14日間隔離されることを確認しました。 この措置は月末に発効する予定です。

O'Learyは以前、到着時の検疫のアイデアを「強制力がない」と批判していました。

「人々はそれをほとんど無視するだろうと思うが、それは良くない」と彼は先週メディアに語り、対策は「かなり早く消える」と信じていると付け加えた。

3,000月初旬、ライアンエアーは、Covid-15のパンデミックの中で旅客輸送の損失に対処しようとしているため、給与を削減し、従業員の約19%に相当するXNUMX人の雇用を削減する計画を発表しました。 同社は、XNUMX月末までの定期便のXNUMX%未満を運航すると発表した。

ジョンソン氏は今月初め、検疫制限を緩和するためのロードマップを発表し、一部の企業が1月XNUMX日までに作業を再開できることを期待している。

#rebuildingtravel

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリーS.ジョンソン

ハリーS.ジョンソンは、旅行業界で20年間働いています。 彼はアリタリア航空の客室乗務員として旅行のキャリアを開始し、現在、TravelNewsGroupで編集者として過去8年間働いています。 ハリーは熱心な世界を旅する旅行者です。