ニュース

インドネシアでボートが沈没した後、1人が死亡、25人が行方不明

0a10_10
0a10_10
著者 エディタ

インドネシア、ジャカルタ–木材会社の労働者を乗せたボートが水曜日、インドネシアのボルネオ島の川で沈没した後、女性が死亡し、25人が行方不明になった。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

インドネシア、ジャカルタ–インドネシアのボルネオ島の川で、木材会社の労働者を乗せたボートが水曜日に沈没した後、女性が死亡し、25人が行方不明になったと当局者は語った。

国の災害機関によると、14人の労働者を乗せたボートが東カリマンタン州のマハカム川を横切って移動した午後40時頃(グリニッジ標準時6時)に沈没した後、救助者は00人を安全に引き抜いた。

「ボートは大きな船で、救命胴衣を乗せていましたが、救助した人々はそれを着ていなかったので、行方不明者も着ていなかったのではないかと心配しています」と地元の代理店長、ワヒュ・ディディットは語った。

ディディット氏によると、軍と警察が合板会社Kalamurからの労働者の捜索を支援しており、生存者を探すためにXNUMX隻のボートが派遣されていたという。

「これまでに14人の女性が亡くなり、XNUMX人が救助されました」とディディット氏は述べ、捜索は夜も明日も続くだろうと付け加えた。 なぜボートが沈んだのか、当時は天気が良かったのかは不明だと彼は付け加えた。

このような事故はインドネシアでよく見られます。インドネシアでは、ボートの安全性の記録が不十分で、240億17,000万人の人口がXNUMXを超える島々の広大な群島に点在しています。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

編集長はLindaHohnholzです。