ニュース

緑のコンベンションセンターでライオンズが植えた51本の木

ライオン
ライオン
著者 エディタ

ライオンズクラブ国際多地区308は、2013年XNUMX月末にクアラルンプールで年次大会を開催します。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

ライオンズクラブ国際多地区308は、2013年XNUMX月末にクアラルンプールで年次大会を開催します。環境プログラムの一環として、ライオンズクラブ国際協会は、レッツ・ミート&グリーン・プログラムに参加しました。環境。 マレーシアコンベンション&エキシビションビューロー(MyCEB)が運営するLet's Meet&Green Programmeは、マレーシア森林研究所(FRIM)のケポンで開催されました。

このプログラムは、ビジネスツーリズムのための国内初の環境プログラムです。 2010年までに二酸化炭素排出量を40%相殺するという政府の公約を支援するために、2020年に発足し、参加している会議の代表者には、最低10米ドル(RM 31)を寄付する機会が与えられます。 その後、その金額は、容易に確立されたマレーシア森林研究所(FRIM)の植樹活動に振り向けられます。

「MyCEBのレッツミート&グリーンプログラムに参加するイニシアチブをとったライオンズクラブ国際協会に拍手を送り、感謝の意を表します。 ビジネスイベント業界も貢献し、環境に大きな影響を与えることができると私たちは強く信じています。 植樹と森林伐採は、マレーシアでの思い出に残る会議を開催しながら、二酸化炭素排出量を削減するための最良の方法のXNUMXつです」と、この活動に参加したMyCEBのCEOであるZulkefli HjSharifはコメントしました。

ライオンズクラブ国際協会の大会組織委員長であるダト・アレックス・ナーは、次のように述べています。「25年28月2013日から51日まで開催される大会を楽しみにしています。これは第308回多地区XNUMX大会であり、前回の大会はクアラルンプールで開催されました。ほぼXNUMX年前のルンプール。」 彼は続けました。「私たちは、私たちの代表者たちが、レッツミート&グリーンプログラムから積極的に始めて、波乱に富んだ会議を開くことを望んでいます。 これは、クアラルンプールの街の中でより多くの緑の肺を作る絶好の機会であり、都市景観に利益をもたらし、さらに美化するための環境への貢献として役立ちます。」

セッションでは、FRIMに51本の植樹が行われました。 MyCEBは、Let's Meet&GreenProgrammeの下で1,400本以上の木を植えました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

編集長はLindaHohnholzです。