ニュース

食べ物も水も毛布もありません–ノルウェーエアシャトルへようこそ

0a13_510
0a13_510
著者 エディタ

ヨーロッパでXNUMX番目に大きい格安航空会社であるノルウェーエアシャトルは、最近開始されたニューヨークとバンコクへの長距離便で、乗客の食べ物、水、さらには毛布さえも拒否したことを謝罪しました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

ヨーロッパでXNUMX番目に大きい格安航空会社であるノルウェーエアシャトルは、最近開始されたニューヨークとバンコクへの長距離便で、乗客の食べ物、水、さらには毛布さえも拒否したことを謝罪しました。

オスロからニューヨークへのフライトは、現金しかなく、クレジットカードを持っていなかったため、航空会社が毛布を借りるために請求した16ドルの料金を支払うために、オスロからニューヨークへのフライトを凍結したと、日刊紙Aftenpostenは書いています。

それは先週、ノルウェー人の乗組員がタイ人女性からコーヒーを取り戻したという報告に続き、彼女は現金と地元のクレジットカードしか持っていなかった。 女性はまた、12時間の飛行で食べ物や水を買うことができませんでした。

「これはまったく受け入れられません。 ノルウェー人は乗客が適切に扱われるようにする必要があり、私たちは深く謝罪します」と同社のスポークスマン、ラッセ・サンダカー・ニールセン氏は述べています。

「私たちは、長距離飛行でいくつかの始動問題があったことを最初に認めました」と彼は言いました。

長距離路線を運航している格安航空会社はほんの一握りであり、他の航空会社が無料で提供しているサービスに料金を支払わなければならないことに乗客が驚かされることがあります。

Sandaker-Nielsen氏によると、ノルウェー人はクレジットカード決済のみを受け入れるという方針を見直し、顧客とのコミュニケーションを改善する予定です。

XNUMXつのエピソードは、すぐにソーシャルメディアユーザーの怒りを呼び起こしました。

「人々がノルウェー人を飛ばす勇気を持っているとは信じられません。 水を飲むことができないと死に至る可能性があります」とTorAndre LjoslandはTwitterで述べ、「すぐにトイレを使用するにはクレジットカードも必要になる」と推測しました。

ノルウェー人は、飛行機のバッテリーの問題により、予定よりほぼ787か月遅れて、今月末に最初のボーイングXNUMXドリームライナーの納入を予定しています。

同社は、ニューヨークとバンコクのフライトの開始が遅れないように、ポルトガルのHiFlyから340台のエアバスAXNUMXをリースしました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

編集長はLindaHohnholzです。