ニュース

ビザの円滑化により、APEC諸国で2.6万人の新規雇用が創出される可能性があります

unwto_19
unwto_19
著者 エディタ

世界観光機関(UNWTO)と世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)による新しいレポートによると、ビザの円滑化により、アジア太平洋経済Cで最大2.6万人の新規雇用が創出される可能性があります。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

世界観光機関(UNWTO)と世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)による新しいレポートによると、ビザの円滑化により、2.6年までにアジア太平洋経済協力(APEC)経済で最大2016万人の新規雇用が創出される可能性があります。旅行円滑化に関するAPECハイレベル政策対話(バリ、インドネシア、1年2013月XNUMX日)の機会に発表されました。

レポートAPECエコノミーにおけるビザ円滑化の影響は、新しいビザ政策を実施するための進歩的なアプローチを含む、ビザを促進するためのAPEC地域全体での協力と進歩が成功しているが、21年の期間にAPECに到着すると予想される外国人観光客の2014% -2016年は、現在のビザポリシーに基づいて、旅行前に従来のビザを取得する必要があります。

これらの観光客のビザを促進することで、2.6年までにAPEC経済で2016万人もの追加の雇用が創出され、APECの目的地を訪れる89万人の観光客によってさらに57億米ドルの国際観光収入が生み出される可能性があります。

会議を主催し、インドネシア共和国の観光創造経済大臣であるマリ・エルカ・パンゲストゥは、アジア太平洋における雇用創出、経済成長および発展の手段としての観光の重要性が、立ち上げを通じてAPEC首脳によって認識されていることを強調した。 、2011年、APEC旅行促進イニシアチブの。

「現在の課題は、異なるワーキンググループに属する観光、金融、税関、移民、セキュリティ、運輸、空港当局で働く職員間の協力を確立することです。 2013年、バリで開催されたこの旅行円滑化に関するハイレベル政策対話を通じて、初めてフォーラム全体で調整の試みが行われ、ビザと旅行円滑化に関するいくつかの行動計画が完成することを望んでいます」とパンゲストゥ大臣は説明しました。

旅行円滑化に関するAPECハイレベル政策対話に向けて、UNWTO事務総長のタレブ・リファイは、APEC首脳にビザ円滑化から生じる機会を検討するよう求めた。 「このレポートは、ビザの円滑化を国の優先事項として位置付けることが、観光需要の増加によって生み出される収入と雇用の面で重要な社会経済的利益につながる可能性があることを明確に示しています。 APECは地域統合の面で主導的な組織であり、ビザの円滑化はAPECの目標の前進と経済のバランスの取れた成長に大きく貢献できると信じています。」

WTTCの社長兼CEOであるDavidScowsillは、次のように述べています。 これは、雇用、経済成長、計り知れない社会的利益を生み出す政府にとっての簡単なステップです。 この報告書は、APEC経済における正確な機会を初めて明らかにし、地域の政府が真剣に受け止めることを要求しています。」

世界中の観光旅行を容易にするためにここ数十年で大きな進歩があったにもかかわらず、ビザ手続きを改善する際に情報通信技術を最大限に活用する可能性を検討するという重要な機会がまだあります。 さらなる機会には、情報の配信の改善、ビザを取得するための現在のプロセスの促進、観光旅行を容易にするための差別化された治療、eVisaプログラムの開始、ビザ促進のための地域協定の確立が含まれます。 UNWTOとWTTCは近年、経済成長と発展を刺激する手段として、すなわちT20、世界経済フォーラム(WEF)、APEC、および経済協力開発機構(OECD)。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

編集長はLindaHohnholzです。