ニウエのツアーオペレーターは、観光商品をアップグレードするためにローンが必要です

ノイズ
ノイズ
著者 エディタ

ニウエは太平洋諸島の楽園であり、地球上で最も小さい国のXNUMXつであり、世界で最も大きな珊瑚環礁です。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

ニウエは太平洋諸島の楽園であり、地球上で最も小さい国のXNUMXつであり、世界で最も大きな珊瑚環礁です。

リラックスできる熱帯の環境で、世界クラスのダイビング、​​釣り、ウォーキング、洞窟探検、クジラの交流が楽しめます。 ニウエは、ソフトな冒険とエコツーリズムの楽園です。 完全な見知らぬ人がいつもお互いに手を振るのは普通の場所です。 自然が壊れていない場所であり、物事は「かつての」方法です。

ニウエの観光事業者は、セクターを成長させる国の推進力が勢いを増すにつれて、宿泊施設を拡張するために安価なローンにアクセスできる可能性があります。

島の観光コーディネーターであるヘイデンポーターは、より多くの観光客が到着するにつれて潜在的な労働者不足を緩和するための季節労働計画の話もあると言います。

彼がドン・ワイズマンに説明しているように、ハイシーズン中の隔週のオークランドからのXNUMX回目のフライトは、島のさらなるプロモーションと相まって、明らかに影響を及ぼしました。

HAYDEN PORTER:今年の終わりまでに、到着数は約34%増加しますが、これらの到着の構成はさらに大幅に増加し、訪問者の到着の約75%が休暇になりました。 私たちは約50年前にさかのぼりますが、到着者の約XNUMX%だけが特に休暇のためにここにいました。 ですから、私たちは大きな飛躍を遂げ、過去XNUMX年半にわたって集中的な取り組みを行ってきたと思います。 ニュージーランド政府とニウエ政府はどちらも、観光を前進させることに大きな焦点を当てていました。その結果、a)より多くの宿泊施設が必要であり、b)より多くの空気容量が必要であり、それら全体に需要があることを確認することがいくつか確認されました。成長期もあるので、ニウエを少し違った方法で販売し、クック、フィジー、サモアなどのより伝統的な場所に行く可能性がある休日の真の選択肢として消費者に届けることを確認してください。など。

ドン・ワイズマン:そこの宿泊施設に関しては、もっと多くの必要性を感じており、宿泊施設を拡大するために人々に低コストのローンを提供する計画があります。

HP:それは常に本当の鶏が先か卵が先かという状況です。 フライトが基本的に定員に達し、宿泊施設が定員に達している場合、移動するものが2011つ必要です。 そして、それらの最初のものは宿泊施設です、なぜならそれなしであなたは何人かの余分な人々を飛行機に乗せることができるからです。 しかし、彼らが眠る場所がないのなら、それは大きな意味がありません。 そのため、XNUMX年にもそのアプローチを実際に採用し、その後かなりの成長を遂げました。 そのため、現在、政府は事業者に事業拡大を奨励することを検討しています。 ですから、過去数年間、それに関していくつかの関心の表明がありました。誰がそれを行うことに興味があり、それを行う能力を持っているかを確認し、土地と小片を見て、評価を行うことができます。来年に間に合うようにどれだけの質の高い宿泊施設を持ち込むことができるかについてです。

DW:現時点では、ハイシーズンを通してXNUMX週間にXNUMX回の、このXNUMX回目のフライトがありますが、来年は、毎週になることを期待していますか?

HP:それは確かにその段階に到達する意図であり、それは宿泊施設の空き状況とそこからのフライトのタイミングに帰着します。 しかし、長期的には、それよりもさらに頻繁になることを望んでいますが、航空会社の容量の増加に合わせて宿泊施設の容量が増え続けているように、それはまだ数年先です。

DW:スタッフはどうですか。ご存知のように、島には人がほとんどいません。 だからあなたはより多くの宿泊施設を持っています。 スタッフはどこから来るのですか?

HP:ニュージーランドでもそうであるように、それは確かに挑戦です。

DW:確かにそれほど素晴らしいものではありません。 XNUMXつを比較することはできません。

HP:驚かれることでしょう。 しかし、それは挑戦です。 これまで対応できました。 季節ごとの就労計画や季節ごとの就労ビザなどを行うという話もあります。 ですから、これらすべては現時点で評価されているだけです。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
この記事に対するタグ。

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

eTurboNews | TravelIndustryニュース