ニュース

客室乗務員組合が機内携帯電話の使用をめぐって血まみれの殺人を叫ぶ

言語を選択してください
0a11_769
0a11_769
著者 エディタ

ワシントン DC – フライト アテンダント - CWA (AFA) の協会は、連邦通信委員会 (FCC) が航空会社がすべての可能性を発表した後、本日、次の声明を発表しました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

ワシントン DC – 航空会社が乗客に携帯電話をかけることを許可する可能性があると連邦通信委員会 (FCC) が発表した後、フライトアテンダント協会 (AFA) は本日、次の声明を発表しました。

「乗客は機内での携帯電話の使用を圧倒的に拒否しています。 FCC はこの提案を進めるべきではありません。

「AFAは、機内での音声通話を許可する変更に反対しています。 客室乗務員は、わが国の航空システムにおける最初の対応者および最終防衛線として、穏やかな客室環境を維持することの重要性を理解しています。 騒がしく、意見が分かれ、混乱を招く可能性のある状況は、歓迎されないだけでなく、安全でもありません。 何年にもわたって実施された多くの世論調査と調査によると、旅行者の大多数が機内での音声通話の禁止を維持したいと考えていることがわかりました。 あまりにも多くの運用シナリオで、乗客が電話をかけることは単なる迷惑行為にとどまらず、航空の安全性とセキュリティに悪影響を及ぼし、リスクが大きすぎる可能性があります。

「客室乗務員は、潜在的な乗客の衝突に加えて、緊急時に携帯電話の使用がアナウンスをかき消し、乗務員からの救命指示の邪魔になることも懸念しています。」

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

編集長はLindaHohnholzです。