ニュース

エイズ、結核、マラリア:大韓航空の税金が貢献します

ケタックス
ケタックス
著者 エディタ

韓国の保健省は6年から19.2年の世界基金に2014万米ドル(2016百万リンギット)を拠出し、外務省は10回の分割払いでXNUMX万米ドルを支払う予定です。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

韓国の保健省は、6 年から 19.2 年にかけて 2014 万ドル (RM2016 万) を世界基金に寄付することになっています。国際線で韓国を離れるすべての乗客に課せられます。

エイズ・結核・マラリアと闘う世界基金は昨日、航空券への課税のおかげで韓国から大きな後押しを受けたと発表した。

政府やマイクロソフトの創設者ビル・ゲイツなどの民間ドナーに支えられているジュネーブに本拠を置く団体は、韓国は今後XNUMX年間でその貢献をXNUMX倍にする予定であると述べた。

「世界の貧困撲滅税」として知られる韓国の1,000ウォン(RM3)の課税は、主に貧困国の貧困と病気と戦うための財源を提供するために2007年に導入されました。

世界基金の責任者であるマーク・ディブルは声明のなかで、「大韓民国は、XNUMXつの病気との闘いを支援する革新的な資金調達方法の使用においてトレンドセッターです」と述べています。

「その貢献を倍増させることで、韓国は他のG20諸国が従う道をリードしている」と彼は付け加えた。

韓国は19年に世界基金の支援を開始して以来2004万米ドルを拠出し、そのうち6万米ドルが2011年から2013年にかけて約束されました。

このような課税を課すという考えは、フランスの組織であるユニタイドが最初に持ち出したもので、1.06年末までに2011億XNUMX万ドルを集めたという。

世界基金は、韓国の気密な隣国である北朝鮮を含む発展途上国に焦点を当てています。

67 年以降、北朝鮮への世界基金の総額 2010 万ドルの助成金は、120,000 件の結核の診断と治療、およびマラリアを撃退するための 710,000 の蚊帳の配布に資金を提供しました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

編集長はLindaHohnholzです。