プエルトリコ:マグニチュード6.5の地震が報告されました

PR2-Reef
PR2-Reef
著者 エディタ

一部のメディアによって最初に報告されたものとは異なり、プエルトリコには広範囲にわたる津波の脅威はありません。 ただし、ローカルの脅威が発生する可能性があります。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

There is no widespread tsunami threat in Puerto Rico, different from first reported by some media. However a local threat could be possible. A strong 6.5-magnitude earthquake struck at sea off the Puerto Rican coast at a shallow depth of less than 30 km early on Monday, the US Geological Survey reports.

地震は島の北海岸から約56キロ離れたところを襲った。 400,000万人が住む首都サンファンは島の同じ側にあります。

即時の怪我や損傷は報告されていません。 観光産業は島のこの部分で広範です。 太平洋津波警報センターは、地震が局地的な津波を引き起こす可能性があると述べたが、広範囲にわたる津波の脅威はない。

月曜日のプエルトリコ地震は、マグニチュード4の強力な地震が別のカリブ海の島、ハイチを壊滅させてからほぼ7.0年後に発生します。

2010年の災害は、100,000万人以上の命を奪い、世界で最も貧しい国のXNUMXつである国で人道的大惨事を引き起こしました。

カリブ海地域とその周辺の地震テクトニクス

構造レジームの広範な多様性と複雑さは、カリブプレートの周囲を特徴づけ、XNUMXつ以上の主要なプレート(北アメリカ、南アメリカ、ナスカ、およびココス)を含みます。 深部地震の傾斜帯(和達-ベニオフ帯)、海溝、および火山の弧は、カリブプレートの中央アメリカおよび大西洋の縁に沿った海洋リソスフィアの沈み込みを明確に示していますが、グアテマラ、ベネズエラ北部、およびケイマンの地殻地震活動リッジとケイマン海溝は、トランスフォーム断層とプルアパート盆地テクトニクスを示しています。

カリブプレートの北縁に沿って、北アメリカプレートはカリブプレートに対して約20mm /年の速度で西に移動します。 動きは、スワン島断層やオリエンテ断層など、ロアタン島からハイチまで東に伸びるいくつかの主要なトランスフォーム断層に沿って調整されます。 これらの断層は、ケイマン海溝の南と北の境界を表しています。 さらに東、ドミニカ共和国からバーブーダ島まで、北アメリカプレートとカリブプレートの間の相対的な動きはますます複雑になり、カリブプレートの下の北アメリカプレートのほぼ弧平行な沈み込みによって部分的に適応されます。 これにより、沈み込んだスラブ内に深発プエルトリコ海溝と中発地震のゾーン(深さ70〜300 km)が形成されます。 プエルトリコの沈み込み帯は巨大地震を発生させる可能性があると考えられていますが、過去2世紀にそのようなイベントはありませんでした。 ここで最後に発生した可能性のあるプレート間(衝上断層)イベントは1787年1900月4日に発生し、アレシボとサンファンを含む北海岸全体で破壊が記録され、島全体で広く感じられました。 1946年以降、この地域で発生した8.0つの最大の地震は、29年1943月7.6日のイスパニョーラ島北東部のM12サマナ地震と2010年7.0月1770日のMXNUMXモナ海峡地震でした。どちらも浅い衝上断層地震でした。 この地域の北アメリカプレートとカリブプレートの間の動きのかなりの部分は、イスパニョーラ島を二分する一連の左側横ずれ断層、特に北のセプテントリオナル断層とエンリキーロ-プランテンによって適応されています。南のガーデン断層。 Enriquillo-Plantain Garden Faultシステムに隣接する活動は、壊滅的なXNUMX年XNUMX月XNUMX日のMXNUMXハイチ横ずれ地震、それに関連する余震、およびXNUMX年の同等の地震によって最もよく記録されています。

東と南に移動すると、プレート境界はプエルトリコと北小アンティル諸島の周りで湾曲し、北アメリカプレートと南アメリカプレートに対するカリブプレートのプレート運動ベクトルはそれほど斜めではなく、活発な島弧テクトニクスをもたらします。 ここでは、北アメリカプレートと南アメリカプレートが、小アンティル諸島のトレンチに沿ってカリブプレートの下の西に向かって約20 mm /年の速度で沈み込んでいます。 この沈み込みの結果として、沈み込んだプレート内に中間焦点地震と島弧に沿った一連の活火山の両方が存在します。 小アンティル諸島はカリブ海で最も地震活動が活発な地域の7.0つと見なされていますが、これらのイベントのいくつかは、過去8世紀にわたってM1843を超えています。 グアドループ島は、8.0年29月2007日にこの地域で発生した最大の巨大地震の7.4つであり、マグニチュードはXNUMXを超えていることが示唆されています。 小アンティル諸島弧に沿って発生した最近の最大の中深度地震は、XNUMX年XNUMX月XNUMX日のフォールドフランス北西部のMXNUMXマルティニーク地震でした。

The southern Caribbean plate boundary with the South America plate strikes east-west across Trinidad and western Venezuela at a relative rate of approximately 20 mm/yr. This boundary is characterized by major transform faults, including the Central Range Fault and the Boconó-San Sebastian-El Pilar Faults, and shallow seismicity. Since 1900, the largest earthquakes to occur in this region were the October 29, 1900 M7.7 Caracas earthquake, and the July 29, 1967 M6.5 earthquake near this same region. Further to the west, a broad zone of compressive deformation trends southwestward across western Venezuela and central Columbia. The plate boundary is not well defined across northwestern South America, but deformation transitions from being dominated by Caribbean/South America convergence in the east to Nazca/South America convergence in the west. The transition zone between subduction on the eastern and western margins of the Caribbean plate is characterized by diffuse seismicity involving low- to intermediate-magnitude (M<6.0) earthquakes of shallow to intermediate depth. The plate boundary offshore of Colombia is also characterized by convergence, where the Nazca plate subducts beneath South America towards the east at a rate of approximately 65 mm/yr. The January 31, 1906 M8.5 earthquake occurred on the shallowly dipping megathrust interface of this plate boundary segment. Along the western coast of Central America, the Cocos plate subducts towards the east beneath the Caribbean plate at the Middle America Trench. Convergence rates vary between 72-81 mm/yr, decreasing towards the north. This subduction results in relatively high rates of seismicity and a chain of numerous active volcanoes; intermediate-focus earthquakes occur within the subducted Cocos plate to depths of nearly 300 km. Since 1900, there have been many moderately sized intermediate-depth earthquakes in this region, including the September 7, 1915 M7.4 El Salvador and the October 5, 1950 M7.8 Costa Rica events. The boundary between the Cocos and Nazca plates is characterized by a series of north-south trending transform faults and east-west trending spreading centers. The largest and most seismically active of these transform boundaries is the Panama Fracture Zone. The Panama Fracture Zone terminates in the south at the Galapagos rift zone and in the north at the Middle America trench, where it forms part of the Cocos-Nazca-Caribbean triple junction. Earthquakes along the Panama Fracture Zone are generally shallow, low- to intermediate in magnitude (M<7.2) and are characteristically right-lateral strike-slip faulting earthquakes. Since 1900, the largest earthquake to occur along the Panama Fracture Zone was the July 26, 1962 M7.2 earthquake.

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
この記事に対するタグ。

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

eTurboNews | TravelIndustryニュース