スウェーデンとセイシェルの当局者がカーニバルでのサーメ人の参加について話し合う

セイシェルetn_21
セイシェルetn_21
著者 エディタ

夫人

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

スウェーデン芸術評議会の会長であるカースティン・ブルンベルグ夫人は、セーシェルの観光文化担当大臣であるアラン・サンタンジと会い、2014年版インド洋のためにセイシェルに旅行するサーミ人の代表団の可能性について話し合った。オーシャン バニラ アイランズ カーニバル。 スウェーデンのウメオがヨーロッパの文化首都になったことを祝う公式クロージングディナーで行われた会合は、セイシェルのサンタンジェ大臣がスウェーデンがサーミ人を紹介することを主張する機会でした。 この会合は、スウェーデンのセーシェル名誉領事であるレナート・スウェンソン氏の前で行われました。

「スウェーデンにとって、ウメオの街がヨーロッパの文化首都に選ばれた2014年よりも、この文化カードをプレイするのに最適な年です」とセイシェルのSt.Ange大臣はウメオに集まった報道陣に語った.

今日、ユニークな「カーニバルのカーニバル」として世界中で知られている毎年恒例のカーニバルインターナショナルデビクトリアは、すべての最も有名で最も有名なカーニバルを集めてパレードを行い、続いて国のコミュニティからの文化団体が続く唯一のイベントです。 このカーニバルは、さまざまな国の多民族性を示すために、あらゆる国や地域の先住民が展示されるイベントでもあります。

2014 月 25 日から 27 日までセイシェルで開催される毎年恒例のカーニバル インターナショナル デ ヴィクトリアの XNUMX 年版にサーミ人の代表団を招待するサンタンジ大臣からブルンベルグ夫人への招待は、現在スウェーデンによって検討されています。

セイシェルは、 観光パートナーの国際連合(ICTP) .

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

eTurboNews | TravelIndustryニュース