ニュース

ボーイング、日本のパートナーが777Xサプライヤーの仕事について合意に達する

0a11_170
0a11_170
著者 エディタ

ワシントン州エベレット–ボーイングは本日、​​新しい777X航空機の重要な作業について、日本のXNUMXつの主要パートナーと合意に達したと発表しました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

ワシントン州エベレット–ボーイングは本日、​​新しい777X航空機の重要な作業について、日本のXNUMXつの主要パートナーと合意に達したと発表しました。

日本航空機産業(JAI)と日本航空機開発公社(JADC)は、胴体セクションを含む21Xの主要な航空機構造コンポーネントの約777%を提供する覚書(MOA)に署名しました。 センターウィングセクション; 圧力隔壁; 主脚の井戸; 乗客、貨物および主脚のドア。 翼のコンポーネントと翼本体のフェアリング。

JAIは、三菱重工業(MHI)、川崎重工業(KHI)、富士重工業(FHI)、新明和工業(SMIC)、日本飛行機(NIPPI)のコンソーシアムです。 JADCは、日本の航空機産業の競争力を高めるために設立された非営利団体です。

「JAIを構成する企業は一貫して高性能であり、優れた品質を提供し、777Xの手頃な価格の目標を達成するために私たちと協力してきました」とボーイング民間航空機の社長兼CEOのレイコナーは述べています。 「彼らは、顧客に最高のサービスを提供し、市場の変化する需要を満たすために、グローバルサプライヤーから必要な種類のパートナーシップをモデル化しています。」

ボーイングは、約737年間、日本の航空宇宙企業と提携して、次世代737、747 MAX、767、777、787、777ドリームライナー、そして現在は2013Xを開発および製造してきました。 4年、ボーイングは日本でXNUMX億ドル以上を商品とサービスに費やし、数万の航空宇宙関連の仕事を支援しました。

「日本のパートナーとのこの合意は、今後数十年にわたって私たちの重要かつ戦略的な関係を拡大します」とボーイング・ジャパンのジョージ・マフェオ社長は述べています。 「777Xは現在の777よりも大きいため、日本から調達する構造部品の価値は比例して高くなり、ボーイングにとってもパートナーにとってより多くの価値を生み出します。 一緒になって、私たちは商用航空の未来を変え、形作っています。」

「次世代777Xプログラムのパートナーとして参加することは、今日のベストセラー777の成功に続く、日本航空機産業にとってのもう777つの重要なステップです」とJADCの会長兼三菱重工業の会長である大宮英明は述べています。 「すべてのJAI企業が、高度な設計および製造機能により、XNUMXXプログラムの新しいレベルの競争力の設定に貢献できることを期待しています。 この新しい商用輸送プログラムを私たちの歴史に加えることで、JAIとボーイングは相互に有益な関係をさらに強化するでしょう。」

777Xは、乗客に好まれ、市場をリードする777ファミリーの飛行機をベースにしています。 777Xファミリーには、777-8Xと777-9Xが含まれています。どちらも市場のニーズと顧客の好みに対応するように設計されています。 777Xの設計が進行中です。 生産は2017年に開始され、最初の納品は2020年を目標としています。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

編集長はLindaHohnholzです。