速報国際ニュース 健康ニュース ミャンマーの最新ニュース ニュース 安全性 タイの最新ニュース 観光 旅行先の更新 今流行っている さまざまなニュース

タイはCOVID-19によりミャンマーの国境管理を強化

タイはCOVID-19によりミャンマーの国境管理を強化
タイがミャンマー国境を引き締める

タイの保健省の疾病管理局の副局長であるタナラック・プリパット博士は、COVID-19は次のように述べています。 ミャンマーの状況 タイがミャンマーの国境管理を強化するにつれて、コロナウイルスのパンデミックを封じ込めようとするタイの取り組みに直接影響を及ぼします。

現在ミャンマーでは、COVID-19の症例と死亡が毎日急増しています。 以前は、このパンデミックの際にコロナウイルスが暴走していた東南アジアの近隣諸国と比較して、この国は最悪のCOVID-19をほとんど回避していました。

死亡率はかなり低く、1万人に100,000人程度ですが、現在、ウイルスは急増しています。 7か月前、19人がCOVID-530で亡くなりました。 今日、死亡者数は1,400人に増加しています。先週の水曜日の時点で、その日の新しい症例が22,000件報告され、合計でXNUMX人になりました。

現在までに、タイは3,634人の死亡者を伴う19人の陽性COVID-59症例を記録しています。

タイ第4陸軍参謀総長のプラモテ・プロムイン少将は、マレーシアからの外国人が王国に忍び込むのを防ぐために、治安当局が陸と海の国境に沿って執行を強化したと述べた。

「タイとマレーシアの治安当局によるパトロールの強化により、タイとマレーシアの国境に沿った違法な横断の数が大幅に減少しました。 COVID-19の新たな波(マレーシアで)以来、違法な侵入の報告はほんのわずかです」と少将はマレーシア国営通信社ベルナマに語った。 

プリパット博士はこう言った 不法移民が許可された場合、タイでは、コロナウイルスの症例が合計6,000症例に増加する可能性があります。

COVID-19状況管理センター(CCSA)によると、ミャンマーの死者数はインドネシアとフィリピンに次いで東南アジアでXNUMX番目に高い。

CCSAは、入国を許可される外国人訪問者の5つのグループの概要を説明しました。

•特定の国際イベントに参加する外国人アスリート

•非移民ビザ保有者

•特別観光ビザ(STV)での長期滞在観光客

•APECカード保有者

•タイに短期および長期滞在したい人

CCSAはまた、本国送還便で働くタイ国際航空のパイロットと乗組員のための検疫ガイドラインを設定しました。

タイでの短期および長期滞在を希望する外国人は、過去500,000か月連続で銀行口座に少なくとも6バーツを保有していることを証明する必要があります。

#rebuildingtravel

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

Linda Hohnholz、eTN編集者

Linda Hohnholzは、キャリアをスタートして以来、記事の執筆と編集を行ってきました。 彼女はこの生来の情熱をハワイパシフィック大学、シャミナード大学、ハワイチルドレンズディスカバリーセンター、そして現在はTravelNewsGroupなどの場所に適用しています。