ニュース

国連は、太平洋の銀行のないアクセス金融サービスを支援するために民間部門を招待します

UNDPO
UNDPO
著者 エディタ

APIA、サモア–国連開発計画(UNDP)と国連資本開発基金(UNCDF)は本日、新しい資金調達ファシリティを立ち上げ、金融サービスプロバイダーに新しい方法の開発を呼びかけました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

APIA、サモア–国連開発計画(UNDP)と国連資本開発基金(UNCDF)は本日、新しい資金調達施設を立ち上げ、金融サービスプロバイダーに、低所得および地方の太平洋諸島の人々が手頃な貯蓄にアクセスできるようにする新しい方法を開発するよう呼びかけました。保険、クレジット、その他の金融サービス。

太平洋金融包摂プログラム(PFIP)を通じて実施されるUNDP / UNCDF金融包摂支援施設は、銀行、保険会社、モバイルネットワーク事業者などの民間セクターからの助成金を含む金融サービスプロバイダーに助成金を支払うように設計されています。 総額XNUMX万米ドルの施設は、オーストラリア、ニュージーランド、および欧州連合からの資金提供を受けて作成されました。

「金融サービスを利用できることで、貧しい人々は中小企業を立ち上げ、損失を防ぎ、病気や災害に備えて救うことができます」と、UNDPの管理者でUNCDFのマネージングディレクターであるヘレンクラークは本日、アピアでの記者会見で述べました。 「低所得世帯に正式な金融サービスへのアクセスを提供することで、貧困と不平等を減らすことができるということは、今では十分に確立された事実です。」

しかし、今日の多くの太平洋諸国では、成人の10パーセント未満が基本的な金融サービスにアクセスできると考えられています。 困難な地理、貧弱なインフラストラクチャ、まばらな人口へのサービス提供に関連する高コストは、地球の表面のXNUMX分のXNUMXにまたがる地域の障壁です。 新しいテクノロジーは、太平洋の金融サービス業界を変革する機会を生み出しています。

新しいファシリティはまた、金融サービスプロバイダーが太平洋全域の地方および低所得の女性に特に利益をもたらす製品を開発することを奨励します。 証拠は、女性が金融へのアクセスを提供されるとき、個々の顧客だけでなく、世帯全体が恩恵を受けることを示唆しています。

新しい施設に関する発表は、1月4日からXNUMX日までアピアで開催される小島嶼開発途上国(SIDS)会議のXNUMX日前に行われます。

「今年の会議のテーマはパートナーシップであり、この新しい施設は、真の意味でのパートナーシップであり、民間部門と公共部門を結び付けています。 銀行や銀行システムから切り離されたことで、太平洋の人々は抑制されており、国連と欧州連合の両方がこれらの失敗を克服するのを助けることを決意しています」と、欧州開発委員会のアンドリス・ピエバルグスは述べています。

サモア中央銀行総裁のマイアヴァ・アタリーナ・エマ・アイヌ・エナリは、次のように述べています。 「私たちは、そのビジョンを達成するために、民間部門の利害関係者を含むすべての利害関係者と協力することを楽しみにしています」と知事は言いました。

PFIPは、政策と規制イニシアチブを主導し、適切な金融サービスと配信チャネルへのアクセスを促進し、金融能力と消費者のエンパワーメントを強化することにより、2019年までに2014万人の太平洋諸島民を正式な金融セクターに追加することを目指しています。 このプログラムの第2018フェーズ(XNUMX-XNUMX)の重要な要素は、新しい金融包摂サポートファシリティの展開です。

PFIPは、フィジーのスバにあるUNDPパシフィックセンターで運営されており、ソロモン諸島とパプアニューギニアにオフィスを構えています。 2015年初頭にサモアに事務所を開設する予定です。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

編集長はLindaHohnholzです。