アフリカ観光局 EU 健康 ニュース

ヨーロッパが支援するアフリカが主導し所有する、新しく安全なCOVIDワクチン

EU全体の「必須ではない旅行」禁止が提案されました
欧州委員会委員長、ウルスラフォンデアレイエン

世界 World Tourism Network アフリカ 今日、アフリカのこの発展を称賛した。 「これは、COVIDとの世界的な戦いで緊急に必要とされている真の進歩です。アフリカが開発し所有しているmRNCワクチンです。」

mRNAワクチンとは何ですか? ファイザーや他のCOVIDワクチンとどう違うのですか?

  • メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンは、体内で免疫応答を引き起こすタンパク質の作り方を細胞に教えます。
  • すべてのワクチンと同様に、mRNAワクチンは、病気になることによる潜在的に深刻な結果を危険にさらすことなく、COVID-19のような病気に対する防御を与えることによってワクチン接種を受ける人々に利益をもたらします。
  • mRNAワクチンが新たに一般に公開されました。 しかし、研究者たちは何十年にもわたってmRNAワクチンの研究と研究を行ってきました。

世界的なmRNA技術移転ハブに関する共同記者会見で、EUのフォンデアライエン大統領はジャーナリストに次のように語った。

確かに、これは私たちが着手した新しいパートナーシップの今日の象徴だと思います。 そして実際、私たちはアフリカでのmRNAワクチンの製造について多くのことを話してきました。 しかし、これははるかに超えていると思います。 これは、アフリカで設計され、アフリカが主導し、チームヨーロッパの支援を受けてアフリカが所有するmRNAテクノロジーです。 そして確かに、私たちはあなた、親愛なるシリルがちょうど説明していた可能性を深く確信しています。最初の瞬間から、私たちはためらうことなくこのイニシアチブを支援し、あなたとWHOと協力してこれを設定しました技術移転ハブ。 「技術移転」に重点を置く必要があると思います。 

委員会として、ドイツ、フランス、ベルギーに40万ユーロを投資します。これは、それが正しい道であると確信しているためです。 そして確かに、これはパンデミックとの闘いにおける大きな前進であるだけでなく、ワクチンに関してはアフリカの戦略的主権における大きな前進でもあると私は考えています。 私たちは皆、今日のプレーの状態を知っています。 今日、アフリカで投与されるすべてのワクチンのうち、1%がアフリカで生産されています–すべてのワクチンの。 そして当然のことながら、目標は2040年に、アフリカで投与されるワクチンの60%のレベルに到達することです。 そしてこれが前提条件です。 

そして、ここで、確かに、親愛なるシリル、あなたが言ったように、私たちはこの技術移転で知的財産所有者、つまりあなたが非難していた企業の収益性を制限し、とても貴重なものです。 そしてこれは、科学者が開発した知的財産です。 そしてここに、橋が見つかると思います。 

目標は、テクノロジーが移転され、解体され、全範囲で表示されることを確認することです。 そしてそのためには、限られた大幅な利益削減を伴う強制実施が架け橋になるのではないかと考えています。 また、技術移転ハブでは、私の友人であるテドロス博士が「公開されている情報」と言ったことをよく聞いたので、現時点ではまだそこにいません。 これはたりない。 テクノロジーに関する詳細な情報が必要です。 したがって、共通の目標があります。 ワクチンに関するアフリカの戦略的主権が開発され、与えられていることを実際に実現するために必要な規制の枠組みをなんとか作成することができたと思います。 

このハブアンドスポークモデルで際立っているXNUMXつ目のポイントは、科学だけでなく、スキルでもあり、質の高い仕事でもあるということです。 そして確かに、それはアフリカ全体の規制環境についてであり、例えば、アフリカ連合は現在、アフリカ医薬品庁とアフリカCDCと発展していると言われました。 プロジェクトの複雑さがわかります。 革新的なイニシアチブ、つまり科学の主権が与えられ保護されるという姿勢に向けたまったく新しいアプローチが見られますが、アフリカはテクノロジーとそこから生まれる商品への完全なアクセスと完全な所有権を持っています。これは非常に重要です。 どうもありがとうございました。

それは私たちが力を合わせたときに私たちができることの完璧な例です。

関連ニュース

著者について

ユルゲンTシュタインメッツ

Juergen Thomas Steinmetz は、1977 年にドイツで XNUMX 代の頃から旅行および観光業界で働いてきました。
彼は設立しました eTurboNews 1999年に世界の旅行観光業界向けの最初のオンラインニュースレターとして。

コメント

共有する...