Breaking Travel News 出張旅行 国| 領域 開催場所 EU ニュース 観光 トラベルワイヤーニュース トレンド

ヨーロッパ人はまだ新しい旅行予約の準備ができています

等

世界はCOVID-19の後に開かれ、ウクライナでの戦争は、ほとんどのEU諸国の人々が飛行機、電車、または車に乗ってヨーロッパやその他の世界を探索するのを止めることはありません。 再びヨーロッパ大陸の旅の時間です。

ロシアのウクライナ侵攻とCOVID-19の継続的な脅威によって引き起こされた不確実性にもかかわらず、ヨーロッパ全体でのヨーロッパ内旅行への欲求は依然として強い。

ヨーロッパ人のXNUMX人にXNUMX人は、今後XNUMXか月以内に旅行に行く予定であり、地中海の目的地が最も魅力的です。 これは、に関する最新の研究によるものです 「国内およびヨーロッパ内の旅行に対する感情の監視– Wave11」 を通じて、タンピングされたコーヒーベッドの上から均一にフィルターバスケットの内の粉に浸透していきます。 欧州旅行委員会(ETC)、これは、COVID-19パンデミック中のヨーロッパ人の短期間の旅行の意図と好みに関する洞察を提供します。

2022年の夏は強力なヨーロッパ内旅行を約束します

夏が近づくにつれ、ヨーロッパ人の増加する割合(77%)は、2022年56月から31月の間に旅行を熱望します。彼らの半数以上(80%)は別のヨーロッパの国を訪問する予定であり、69%は国内旅行を選択します。 分析されたすべての市場で、イタリア、スペイン、ポーランド、英国、ドイツの回答者は、旅行をすることについて最も強い楽観的見方を示しています(> 18%)。 旅行の意向は年齢とともに増加し、Z世代(24〜83歳)の54%からベビーブーム世代(XNUMX歳以上)のXNUMX%に上昇します。

調査結果は、ヨーロッパ人の旅行計画が季節的なパターンに従っており、太陽とビーチの休日(22%)が今後数か月の好ましい選択肢であることを確認しています。 都市の休憩(15%)や水や海岸での休暇(15%)への関心も安定しています。 これらの休暇の好みに合わせて、地中海の目的地の人気が高まっています。スペインは、2022年XNUMX月からXNUMX月の間に海外を旅行するヨーロッパ人の間で最も人気のある目的地であり、イタリア、フランス、ギリシャ、ポルトガルがそれに続きます。

夏が近づくにつれ、旅行を計画しているほとんどのヨーロッパ人は、4〜6泊(33%)または7〜9泊(27%)の休暇を取るつもりです。 25泊以上の旅行を選ぶのは、10%だけで、ほとんどが家族旅行者です。 一方、カップルはマイクロトリップ(最大3泊)を強く好みます。 旅行の長さに関係なく、XNUMX人にXNUMX人の旅行者が次の目的地に到着するために飛行機に乗ります。

進行中のロシアとウクライナの紛争と生活費の上昇にもかかわらず、旅行感情は回復力があります

調査はロシアのウクライナ侵攻の最初の数週間に実施されましたが、ヨーロッパ人の旅行感情と行動はまだ紛争の影響を受けていません。

特に、ウクライナに隣接するポーランド人は、安定したヨーロッパ平均以上の旅行感情を維持しています。 彼らの計画された滞在期間と予算は、昨年同時に収集されたデータと一致しています。 さらに、これまでのヨーロッパ内旅行に対する進行中の紛争の影響が限定的であることを反映して、東ヨーロッパの目的地への関心は変わりません。

ヨーロッパの旅行者の増加するシェアは、おそらくインフレに対する懸念の高まり。 同時に、次の旅行がいつどこで行われるかについてはより確実ですが、旅行の準備ができているヨーロッパ人の500%だけが完全に予約しており、財政的コミットメントのレベルが限られていることを示しています。 ヨーロッパの旅行部門は、この夏、土壇場の行楽客をターゲットにしていることを確認する必要があります。

COVID-19の懸念は減少しますが、旅行のための一貫した健康上の予防措置は依然として不可欠です

COVID-19の渡航制限が緩和され、ヨーロッパ人がパンデミックの中で生きる方法を学ぶにつれて、当初の渡航計画を実現する人の割合は着実に増加し続けています(27年16月の2021%に対して現在は14%)。 キャンセルポリシーの柔軟性(13%)と制限からの解放(19%)は、ヨーロッパ内での次の旅行を計画することへの回答者の自信を高める最大の要因です。 ほとんどのヨーロッパ人がすでにこの予防策を講じているため、COVID-XNUMXのワクチン接種を受けることはXNUMX位に落ちます。

それにもかかわらず、回答者は、COVID-19が旅行中の懸念の源であり続けることを認めています。 旅行の準備ができているヨーロッパ人の17%は検疫措置について心配しており、さらに15%は旅行制限の変更の可能性について心配しています。 同時に、短期旅行を計画しているヨーロッパ人は、37%に安心感を与える厳格な健康プロトコルの重要性と、リラックスしてさらに30%への旅行を楽しむ安心感を認めています。

レポートの発行後のコメントで、ETCの社長であるルイス・アラウージョは次のように述べています。 「私たちのレポートは、COVID-19が主に現実のものとなった今、旅行に対するヨーロッパの信頼が高まっていることを示しています。 地平線上の新たな不確実性、すなわちウクライナで進行中の紛争と生活費の上昇は、旅行部門に課題を提示しています。 しかし、ETCは、これらの不確実性にもかかわらず、旅行への意欲は依然として高まっており、ヨーロッパの観光セクターは引き続き回復力があることを喜んでいます。」

関連ニュース

著者について

ユルゲンTシュタインメッツ

Juergen Thomas Steinmetz は、1977 年にドイツで XNUMX 代の頃から旅行および観光業界で働いてきました。
彼は設立しました eTurboNews 1999年に世界の旅行観光業界向けの最初のオンラインニュースレターとして。

コメント

共有する...