ワイヤーニュース

腎がんの研究で投与された最初の患者

著者 エディタ

Telix Pharmaceuticals Limitedは本日、ニューヨークのメモリアルスローンケタリングがんセンター(MSK)で行われた同社の腎がん治療薬TLX2(250Lu-DOTA-girentuximab)の「STARLITE177」第II相試験で最初の患者に投与されたことを発表しました。 。               

STARLITE 2(NCT05239533)は、腎臓癌の最も一般的で攻撃的な形態である淡明細胞型腎細胞癌(ccRCC)の免疫療法と組み合わせたTLX250標的放射線の有効性を評価します。 TLX250は、炭酸脱水酵素IX(CA9)[1]を標的とします。このタンパク質は、がん免疫療法に対してより限定的な反応を示す可能性が高い患者で高度に発現しています。[2] 概念は、低線量の標的放射線が潜在的に免疫抵抗性を克服できる、つまり腫瘍を「免疫プライム」し、したがって癌免疫療法への反応性を高めることができるということです。

この第II相試験では、以前の免疫療法後に進行した患者を対象に、抗PD-250 [1]免疫療法オプジーボ®[3](ニボルマブ)と組み合わせたTLX4送達放射線を評価します。 主要評価項目は、Telix療法に反応する腫瘍と現在の標準治療のみで評価されたTLX250との併用療法の安全性と有効性を判断することです。 Telixの治験中のコンパニオンイメージングエージェントTLX250-CDx(89Zr-DFO-girentuximab)も、CA9発現をイメージングするための研究で使用されます。 単群研究者主導の研究では、約30人の患者が登録されると予想されています。

テリックスのチーフメディカルオフィサーであるコリンヘイワード博士は、次のように述べています。 ダレン・フェルドマン博士と彼の臨床チーム、そしてこの画期的な研究に貢献してくれる患者さんに感謝の意を表します。」

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...