ワイヤーニュース

多発性骨髄腫の第II相試験で治療された最初の患者

著者 エディタ

XNK Therapeutics ABは本日、最初の患者がサノフィの抗CD38抗体Sarclisa(Isatuximab)と組み合わせたXNKの主要な自家ナチュラルキラー(NK)細胞ベースの候補薬を使用した第II相臨床試験で治療されたことを発表しました。

XNKTherapeuticsのCMOであるJohanAschanは、次のように述べています。 「調査は順調に進んでおり、結果を楽しみにしています。」

現在の治験責任医師が開始した、オープン、ランダム化、制御された第II相試験ISA-HC-NK(EudraCT:2020-000994-26)は、XNKの主要な候補薬とサノフィの抗CD38抗体イサツキシマブを併用したものを、以下の強化治療としてイサツキシマブ単独と比較しています新たに多発性骨髄腫と診断された患者における自家幹細胞移植。 臨床試験は、フッディンゲのサイトにあるカロリンスカ大学病院で行われ、各治療群に60人の患者がいる合計30人の患者を対象としています。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント