このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

航空会社 空港 協会 航空 Breaking Travel News 出張旅行 政府ニュース ニュース のワークプ 責任 持続可能な未来に向けて 採用されている最新技術 観光 交通 トラベルワイヤーニュース

IATAは、航空を脱炭素化するという長期目標の採用を促します

IATAは、航空を脱炭素化するという長期目標の採用を促します
ウィリー・ウォルシュ、IATA事務局長

国際航空運送協会(IATA)は、今年後半の国際民間航空機関(ICAO)の第41回総会で、政府が航空を脱炭素化するための長期的な目標を採用するよう求めました。 

この呼びかけは、第78回IATA年次総会(AGM)と世界航空輸送サミット(WATS)で行われ、航空会社は、パリ協定の2050°Cの目標に沿って、1.5年までに正味ゼロ排出量を達成するという業界の取り組みへの道筋を示しています。 

「世界経済の脱炭素化には、特に化石燃料からの移行において、国や数十年にわたる投資が必要になります。 政策の安定性が重要です。 2021年2050月のIATAAGMで、IATA加盟航空会社は、XNUMX年までに正味ゼロ排出量を達成することを約束するという記念碑的な決定を下しました。同じ脱炭素目標」とIATAの事務局長であるウィリーウォルシュは述べています。 

「正味ゼロ排出量を達成することは大きな課題になります。 2050年に予測される業界の規模では、1.8ギガトンの炭素を削減する必要があります。 それを達成するには、数兆ドルに達するバリューチェーン全体への投資が必要になります。 その規模の投資は、脱炭素化の野心を実現し、さまざまなレベルの開発を考慮に入れ、競争を歪めないようにする、世界的に一貫した政府の政策によって支えられなければなりません」とウォルシュは述べています。

「私は、政府が来たるICAO総会での長期的な野心的な目標に関する合意により、業界の野心を支持することを楽観視しています。 人々は航空が脱炭素化するのを見たいと思っています。 彼らは、業界と政府が協力することを期待しています。 2050年までにネットゼロを達成するという業界の決意は確固たるものです。 政府は、市民との合意に達していないことをどのように説明しますか?」 ウォルシュは言った。

最近のIATA調査のデータによると、航空会社の環境への影響を改善することは、パンデミック後の乗客の優先事項と見なされており、73%の人々が、COVID危機から発生した気候への影響を減らすことに焦点を当てることを航空業界に求めています。 調査対象者のXNUMX分のXNUMXは、業界に課税してもネットゼロが早く達成されないと考えており、調達した資金が脱炭素プロジェクトに割り当てられていないことへの懸念を表明しました。 

関連ニュース

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews 20年以上のmroeのために。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント

共有する...