航空会社 空港 航空 Breaking Travel News 出張旅行 ミーティング(MICE) ニュース のワークプ 責任 安全性 持続可能な未来に向けて テクノロジー 観光 交通 トラベルワイヤーニュース

IATA:州はネットゼロの航空排出量に向けて前進

IATA:州はネットゼロの航空排出量に向けて前進
IATA:州はネットゼロの航空排出量に向けて前進

第41回ICAO総会での正式な合意は、航空を脱炭素化するための州による共通のアプローチを支えるだろう

国際航空運送協会(IATA)は、パリ協定の気温目標に沿った2050年までの純ゼロ航空炭素排出量の長期目標(LTAG)に向けた州の進展を歓迎しました。 これは、今年後半の第41回ICAO総会に備えて開催された国際民間航空機関(ICAO)のハイレベル会議の議論の要約に記載されています。

ICAO 2050年までの航空セクターのネットゼロのコミットメントに沿った州の長期目標に対するハイレベル会合の支援は、正しい方向への第一歩です。 第41回ICAO総会での正式な合意は、航空を脱炭素化するための州による共通のアプローチを支えるでしょう。 これは航空業界にとって非常に重要です。 政府の政策が世界的に同じ目標とタイムラインをサポートすることを知っていると、セクター、特にそのサプライヤーは、脱炭素化に必要な投資を行うことができます」とIATAの長官であるウィリーウォルシュは述べています。 

10月2021において、 IATA 加盟航空会社は、2050年までに正味ゼロ排出量を約束しました。これを達成するための道は、持続可能な航空燃料(SAF)、新しい推進技術、インフラストラクチャと運用効率、およびギャップを埋めるためのカーボンオフセット/カーボンキャプチャの組み合わせを含みます。

「2050年までにネットゼロになるには、新しい燃料、技術、運用への航空の世界的な移行が必要になります。 そこに到達するための重要な投資には、グローバルな前進に沿った強固な政策基盤が必要です。 だからこそ、州がハイレベル会合の勢いを数週間で第41回ICAO総会での正式な合意にまで持ち込むことが非常に重要である」とウォルシュは述べた。

関連ニュース

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews 20年以上のmroeのために。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

登録
通知する
ゲスト
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x
共有する...