航空会社 空港 航空 Breaking Travel News 出張旅行 政府ニュース 投資 ニュース のワークプ 再建 責任 持続可能な未来に向けて 採用されている最新技術 観光 交通 トラベルワイヤーニュース

IATAは、アジア太平洋地域に航空の回復を持続的に加速するよう要請します

IATAは、アジア太平洋地域に航空の回復を持続的に加速するよう要請します
IATAは、アジア太平洋地域に航空の回復を持続的に加速するよう要請します

国際航空運送協会(IATA)は、アジア太平洋諸国に対し、COVID-19からの地域の回復を加速するための国境措置をさらに緩和するよう要請しました。

「アジア太平洋地域は、COVID-19後の旅行再開に追いついていますが、政府が多くの旅行制限を解除する勢いが増しています。 旅行する人々の需要は明らかです。 対策が緩和されるとすぐに、旅行者からの肯定的な反応がすぐに現れます。 したがって、政府を含むすべての利害関係者が再開の準備が整っていることが重要です。 遅らせることはできません。 仕事が危機に瀕しており、人々は旅行を望んでいます」とウィリー・ウォルシュは述べています。 IATAチャンギ航空サミットでの基調講演での長官。

17月のアジア太平洋地域の国際旅客需要は、過去10年間のほとんどで60%を下回った後、COVID以前のレベルのXNUMX%に達しました。 「これは、市場が危機前のレベルのXNUMX%に回復したという世界的な傾向をはるかに下回っています。 遅れは政府の規制によるものです。 それらが解除されるのが早ければ早いほど、この地域の旅行および観光セクターの回復と、それがもたらすすべての経済的利益が早く見られるでしょう」とウォルシュは述べています。

ウィリーウォルシュ アジア太平洋政府に対し、措置を緩和し続け、以下によって空の旅に正常性をもたらすよう要請した。

•ワクチン接種を受けた旅行者のすべての制限を削除します。

•アジアのほとんどの地域で見られる、高レベルの集団免疫があるワクチン未接種の旅行者に対する検疫とCOVID-19検査の削除。

•他の屋内環境や公共交通機関で不要になった空の旅のマスクマンデートを解除します。

「回復を支援し、さらに重要なことに加速するには、業界全体と政府のアプローチが必要です。 航空会社はフライトを復活させています。 空港は需要を処理できる必要があります。 また、政府は主要な担当者のセキュリティクリアランスやその他の文書を効率的に処理できる必要があります」とWalsh氏は述べています。

中日

ウォルシュ氏は、アジア太平洋地域の復興ストーリーには、中国と日本というXNUMXつの大きなギャップがあると指摘しました。

「中国政府がゼロコロナ政策を維持し続ける限り、国の国境が再開するのを見るのは難しい。 これにより、地域の完全な回復が妨げられます。

日本は旅行を許可するための措置を講じていますが、すべてのインバウンド訪問者または観光客のために日本を再開する明確な計画はありません。 旅行制限をさらに緩和するには、ワクチン接種を受けたすべての旅行者の検疫を解除し、到着時の空港テストと毎日の到着上限の両方を削除するなど、さらに多くのことを行う必要があります。 日本政府に対し、国の国境の回復と開放に向けてより大胆な措置を講じるよう要請する」と述べた。

持続可能な未来のためへの取り組み

ウォルシュはまた、アジア太平洋地域の政府に対し、業界の持続可能性への取り組みを支援するよう求めました。

「航空会社は、2050年までに正味ゼロの炭素排出量を達成することを約束しています。私たちの成功の鍵は、同じビジョンを共有する政府です。 政府が今年後半のICAO議会で長期目標に合意することへの大きな期待があります。 ネットゼロを達成するには、全員が責任を負う必要があります。 そして、政府がすべき最も重要なことの中には、持続可能な航空燃料(SAF)の生産を奨励することです。 航空会社は利用可能なSAFのすべてのドロップを購入しました。 今後数年間でSAFの生産が急速に増加するプロジェクトが進行中です。 SAFは、65年にネットゼロを達成するために必要な緩和策の2050%に貢献していると見ています。そのためには、政府がより積極的に取り組む必要があります」とWalsh氏は述べています。

ウォルシュは、アジア太平洋地域で前向きな進展があったことを認めました。 日本はグリーン航空イニシアチブのためにかなりの資金を投入しました。 ニュージーランドとシンガポールは、グリーンフライトで協力することに合意しました。 「持続可能な航空エアハブに関するシンガポールの業界横断的な国際諮問委員会は、他の州が採用する前向きな例です」とウォルシュ氏は述べています。 彼はまた、ASEANとそのパートナーに対し、特にSAFの生産を拡大するための地域での機会を探して、より多くのことを行うよう求めた。

関連ニュース

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews 20年以上のmroeのために。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント

共有する...