このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

Breaking Travel News 出張旅行 クルーズ 開催場所 政府ニュース ホスピタリティ産業 インド ニュース 観光 交通 トラベルワイヤーニュース

インド観光は外洋にそのサイトを設定します

画像提供:PixabayのJanet van Aswegen

インド政府の北東部地域の観光文化開発大臣であるShriGangapuramKishan Reddyは、クルーズ観光はレジャーおよび旅行業界で最も活気があり急成長している分野のXNUMXつであると述べました。 ビーチツーリズム、灯台ツーリズム、 クルーズ観光 漁業コミュニティなどのコミュニティが他の生計の機会を見つけ、彼らの収入を補うのを助けます。 

彼は、中央金融支援スキームを通じて、観光省は港とクルーズターミナル、灯台とリバークルーズサーキットを開発し、フェリーを購入することによって観光インフラを支援していると述べた。 彼はさらに、政府はクルーズ客とクルーズ船のための専用ターミナルの開発にも取り組んでいると付け加えた。

「政府は、観光客を引き付けるためのニッチな観光商品としてクルーズ観光を認めています」と大臣はセクターのイニシアチブをほのめかしながら言いました。 

大臣は、スワデシュダルシャン計画の下で、観光省はルピーに相当する沿岸の主題回路の下で648.80のプロジェクトを認可したと述べた。 さまざまな州/連邦直轄領でXNUMX億ルピー。 

政府はまた、「観光インフラ開発のための中央機関への支援」スキームの下で、主要港でのクルーズターミナルおよび関連インフラの開発に関するさまざまなプロジェクトに対して228.61億ルピーを認可しました。 これらには、ゴア、ムンバイ、ビシャカパトナムでのクルーズターミナル、灯台、その他の観光インフラの開発が含まれます。

大臣は、国の観光政策の必要性をほのめかし、「私たちは現在、包括的な国家観光政策の策定に向けて取り組んでいます」と述べ、インドの河川観光の発展のための適切なロードマップを作成し、作成するようにイベントで業界メンバーに勧めましたミッションモードでのリバークルーズのアクションプラン。

インド政府観光省のShriGKVRao局長(観光)は、観光省が行ったさまざまな取り組みについて、「国の多年生の河川は歴史的な経験を提供し、州政府は内陸水路観光を開発している国内観光客と海外旅行者に対応するためのポリシー。」

インド政府のインド内陸水路局のシュリ・サンジェイ・バンドパディアヤ会長は、リバークルージングセッションの可能性について次のように述べています。クルーズの移動の効率。」

IWAIの議長は、政府がインドの船舶法2021に変更を加え、調査、船舶および要員の認証の統一されたシステムを定着させたと付け加えました。 同氏は、国全体で統一された免許制度があり、船舶はすべての州から免許を取得する必要はないと述べた。

「州によって与えられた証明書とライセンスは国全体で有効であり、品質の統一されたシステムの開発にも役立ちます」と彼は言いました。

インド政府のIWAIのメンバー(技術)およびメンバー(交通)(I / C)のShri Ashutosh Gautamは、インフラを改善し、河川観光を促進するための水路と介入の状況を強調しました。

さらに、XNUMXつのMoU –クルーズ観光セクターの民間プレーヤーとインド内陸水路局(IWAI)との間 ムンバイ港湾局 – G・キシャン・レッディ連邦大臣とシュリ・サルバナンダ・ソノワルの前で厳粛にされました。 これらには以下が含まれます:

1.インド-バングラデシュプロトコルルートの下でコルカタを経由してバラナシ(UP)とボギビール(ディブルガル、アッサム)の間のリバークルーズのためのIWAIとアンタララグジュアリーリバークルーズ。

2.インド-バングラデシュ議定書ルートの下でのコルカタ経由のバラナシとボギビール間のIWAIとJMバクシリバークルーズ 

3.ケララバックウォーターズ(NW-3)でのロングクルーズの開発のためのIWAIとアドベンチャーリゾートおよびクルーズ

4.ムンバイ港とAngriyaSeaEagle Ltdは、次のクルージングシーズンに向けてムンバイでクルーズ船をホームポーティングしました。

5.ムンバイ港とWaterwaysLeisureTourism P. Ltdは、次のクルージングシーズンに向けてムンバイでクルーズ船をホームポーティングしました。

6.ムンバイ港と訓練船ラハマンは、クルーズ船の海事訓練の分野で既存のサービスプロバイダーであり、インドの海事ビジョン2030を支援するためにインドの船員を募集しました。

7.ムンバイ港とアポログループUSAは、インドのクルーズオペレーターに提供されている既存のサービスであり、約600人の船員がいます。

8.チェンナイ港と水路レジャーツーリズムP.Ltd.は、次のクルージングシーズンに向けてチェンナイでクルーズ船をホームポーティングしました。

XNUMX日目のセッションでは、安全プロトコルに対する顧客の期待に応えるための非接触オンボーディング、端末での技術イニシアチブ(赤外線カメラ、熱スキャン、顔認識など)、シームレスな旅行体験のための技術イニシアチブ、とりわけ、遠隔臨床サービスを備えた遠隔医療の利用可能性。 また、このセッションでは、インドのリバークルーズ観光の現状とその拡大の可能性、インドの状況に適した最良の外国慣行の採用、オフシーズン中の船舶の利用可能性と展開に関する明確な方針について検討しました。 

会議は、Chhattisgarh Tourism Board、Karnataka Maritime Board、Kerala Maritime Board、New Mangalore Port Authority、Odisha Tourism、Lakshadweep Tourism、Andaman Nicobar Tourism、MaharashtraTourismによって発表されたサクセスストーリーで締めくくられました。  

著者について

AnilMathur-eTNインド

コメント

共有する...