シンジケーション

マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場の見通しは、今後の機会で新しいビジネス戦略をカバーします2029

著者 エディタ

マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場–はじめに

 

オメガ3の認識された制限とそれに続く魚のような風味で食品を汚染する酸化の例で、 マイクロカプセル化 技術は栄養補助食品のメーカーから好評を博しています。 マイクロカプセル化は、感覚の問題を削減する能力を売り込み、それによって、極端な温度の間でも粉末の耐久性を高めます。 これにより、マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場の主要な成長ドライバーとして機能してきた、通常のオメガ3脂肪酸よりも消費者の支持を得ています。

消費者の忙しいスケジュールの増加は、必要な量の栄養素が不足しているジャンクフードやパッケージ食品への顕著なシフトに貢献しています。 身体機能のための栄養の重要性の適切な情報ギャップの橋渡しで、栄養補助食品を消費する高い傾向が目撃されており、これは今後数年間でマイクロカプセル化されたオメガ-3粉末市場の持続的な成長機会を保持すると予測されています。

レポートのサンプルコピーを入手するには、次のURLにアクセスしてください。 https://www.futuremarketinsights.com/reports/brochure/rep-gb-9477

マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場–新規開発

マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場で機能する重要なプレーヤーは、製品を店頭に戦略的に配置し、流通チャネルを合理化することにより、強力なブランド想起価値の創出に努めてきました。 製品を強化することによる製品ポートフォリオの多様化は、マイクロカプセル化されたオメガ-3粉末市場で観察されたさらに別の戦略です。 数多くの販促活動が企業によって行われ、新製品の発売とその独自の販売提案に関する認識を高めています。

マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場で活動している主要企業には、KD Pharma Group、Venketesh Biosciences LLP、Wincobel、Stepan Company、Socius Ingredients、Benexia、Biosearch、SA、Glanbia Nutritionals、Clover Corporation、Skuny Bioscience Co.、Ltdなどがあります。 、BASF SE、Novotech Nutrition、およびKoninklijke DSM NV

  • 2017年3月、マイクロカプセル化オメガXNUMX粉末市場で活躍する重要なプレーヤーであるベネキシアは、ALA脂肪酸を豊富に含み、チアオイルと同じ安定性を誇るALAパウダー™の発売を発表しました。 この粉末は、インスタントスープ、離乳食、チョコレート、乳児用調製粉乳、およびココア粉末の栄養補助食品として使用できます。
  • 2019年XNUMX月、Glanbia Nutritionalsは、栄養部門のマーケットリーダーとしての現在の地位を確固たるものにすることを唯一の目的として、ワトソンの買収を完了しました。 この取引は、食用フィルム技術、マイクロカプセル化、凝集、噴霧乾燥、微粉化機能など、グランビアのコンピテンシーセットを拡大するのに役立ちます。
  • 2017年1月、Novotech Nutraceuticalsの子会社は、20kg〜XNUMXkgの商品の購入を容易にするオンライン小売店の立ち上げを発表しました。 これらのオンラインポータルは、試運転用または単に少量の発注用の製品を探しているバイヤーにシームレスな購入体験を提供します。
  • 2017年3月、エボニックは、食品の栄養価を高めるオメガXNUMXが豊富な製品であるAvailOm®の発売を発表しました。 この製品は、数百ミリグラムのDHAおよびEPAの毎日の要件を満たすのに役立ちます。

マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場–ダイナミクス

有望な販売確率を貸すためのeコマースによる製品流通の容易さ

マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場での競争の激化に伴い、メーカーは流通および製品予測戦略を再考しています。 これにより、スーパーマーケット/ハイパーマーケットを使用して製品を展示し、販売の見通しを高めることができました。 eコマースの出現により、地理的なフットプリントをマッピングする機能を備えた、マイクロカプセル化されたオメガ3粉末にさらに有利な販売機会がもたらされました。 これにより、消費者は場所に関係なくこれらの栄養補助食品に簡単にアクセスできるようになり、これらのサプリメントの販売確率が高まり、マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場の好ましい成長シナリオが生まれると予想されます。

完全なレポートを閲覧する:  https://www.futuremarketinsights.com/reports/microencapsulated-omega3-powders-market

食品および飲料業界は、マイクロカプセル化されたオメガ-3粉末市場の成長への主要な貢献者であり続ける

幸福を維持するという認識の高まりは、消費者の好みを健康的な食品にシフトさせました。 栄養食に対する消費者のこの親和性を観察して、食品および飲料業界で活動している製造業者は、製品の望ましさを高めるためにこれらの栄養補助食品を活用してきました。 その結果、食品および飲料業界は、一般的な栄養補助食品市場、特にマイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場の重要な成長ドライバーとして機能してきました。

マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場の成長に必要な後押しを提供するための必須栄養素の欠如

オメガ3粉末が提供する長期的な利益に関する意識の高まりとともに、特に先進国では、消費者の間でこれらの栄養補助食品を選択するという顕著な勢いがあります。 動物性食品に本質的に見られるオメガ3は、菜食主義者の食事にはない認知、心臓血管、および眼の機能の適切な機能を確保する上で極めて重要な役割を果たします。 その結果、栄養補助食品は菜食主義者の間で勢いを増しており、マイクロカプセル化されたオメガ-3粉末市場への貢献者として残ることが期待されています。

レポートは、直接の情報、業界アナリストによる定性的および定量的評価、世界のマイクロカプセル化オメガ-3粉末市場のバリューチェーン全体の業界専門家および業界参加者からのインプットをまとめたものです。 レポートは、セグメントごとのマイクロカプセル化オメガ3粉末市場の魅力とともに、親市場の動向、マクロ経済指標、および支配要因の詳細な分析を提供します。 レポートはまた、マイクロカプセル化されたオメガ-3粉末の市場セグメントと地域に対するさまざまな要因の定性的な影響をマップします。

マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場–セグメンテーション

マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場は、以下に基づいて分岐することができます。

  • 自然
  • 流通経路
  • 種類

性質に応じて、マイクロカプセル化されたオメガ-3粉末市場は次のように分岐することができます。

流通経路に基づいて、マイクロカプセル化されたオメガ-3粉末市場は次のように分類できます。

  • 直接
  • 間接的な
  • ストアベース
  • スーパーマーケット/ハイパーマーケット
  • コンビニ
  • ディスカウントストア
  • 食品および飲料の健康店
  • オンライン

タイプに基づいて、マイクロカプセル化されたオメガ3粉末市場は次のように分割できます。

  • α-リノレン酸(ALA)
  • エイコサペンタエン酸(EPA)
  • ドコサヘキサエン酸(DHA)

関連レポートを読む:

Future Market Insights(FMI)について
Future Market Insights(FMI)は、市場インテリジェンスおよびコンサルティングサービスの大手プロバイダーであり、150か国以上のクライアントにサービスを提供しています。 FMIはドバイに本社を置き、英国、米国、インドに配送センターを持っています。 FMIの最新の市場調査レポートと業界分析は、企業が激しい競争の中で課題を乗り越え、自信を持って明確に重要な意思決定を行うのに役立ちます。 カスタマイズおよびシンジケート化された市場調査レポートは、持続可能な成長を促進する実用的な洞察を提供します。 FMIの専門家主導のアナリストのチームは、幅広い業界の新たなトレンドやイベントを継続的に追跡し、クライアントが消費者の進化するニーズに確実に対応できるようにします。

お問い合わせ: 

将来の市場洞察、
ユニット番号:1602-006
ジュメイラベイ2
プロット番号:JLT-PH2-X2A
ジュメイラレイクスタワーズ
ドバイ
アラブ首長国連邦
LinkedInTwitterブログ



ソースリンク

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

航空ニュースの投稿をクリックしてください

航空

旅行者へのニュースはこちら

ニュース速報のプレスリリースの投稿をクリックしてください

BreakingNews.travel

最新ニュース番組をご覧ください

ハワイニュースオニーンはこちら

ミーティング、インセンティブ、コンベンションに関するニュースはこちらをクリックしてください

旅行業界のニュース記事をクリックしてください

オープンソースのプレスリリースはこちらをクリックしてください