ワイヤーニュース

再発した急性リンパ芽球性白血病の新しい臨床試験

著者 エディタ

JW Therapeuticsは、抗CD19自己キメラ抗原受容体T(CAR-T)細胞免疫療法製品Carteyva®(relmacabtagene autoleucel注射)の研究のために、中国国家医療製品管理局(NMPA)からの治験新薬(IND)認可を発表しました。再発または難治性のB細胞急性リンパ芽球性白血病(r / r B-ALL)の小児および若年成人患者の治療。

B細胞急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)は、小児科で最も一般的な悪性腫瘍です[1]。 化学療法剤に対する耐性は、疾患の再発と進行をもたらし、再発後の生存率は、B-ALLの患者では不十分です。 サルベージ化学療法は選択肢の2つですが、再発性または難治性の進行性疾患を治療するには十分ではありません。 サルベージ化学療法後の反応不良、寛解率の低さ、再発率の高さにより、長期生存は制限されていました。 現在、r /rB-ALLの標準的な効果的な治療法はありません。 同種造血幹細胞移植(allo-HSCT)は有望な戦略として浮上しましたが、それでも長期生存率はまだ満足を得ることができません[XNUMX]。 治療後の疾患の再発は依然として重要な課題であり、r / r B-ALLの患者の長期生存を延長するには、新しい治療オプションが依然として緊急に必要とされています。

この試験(JWCAR029-006)は、中国での第I相、非盲検、単群、用量漸増試験であり、r / rの小児および若年成人患者におけるCarteyva®の安全性、有効性、および薬物動態プロファイルを評価することを目的としています。 B-ALL、および推奨される第II相用量(RP2D)を決定するため。

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...