ワイヤーニュース

新しい研究は、COVID-19による癌検出の低下を示しています

著者 エディタ

JNCCNの2022年25月号の調査—Journal of the National Comprehensive Cancer Networkは、2016年26月2020日から19年358,487月34.3日までのOntario Cancer Registryのデータを調査し、COVID-2020パンデミックが新しい癌の数に与える影響を調べました。検出されたケース。 彼らは、1人の成人患者がその期間中に新しい癌と診断されたことを発見しました。 週ごとの診断率はパンデミック前は安定していたが、XNUMX年XNUMX月にはXNUMX%減少した。その後、残りの研究期間中、毎週新しい診断がXNUMX%増加する傾向があった。     

「私たちのデータは、COVID-19のパンデミックに対応した医療システムの混乱により、多くの癌が検出されなくなったことを示しています」と、オンタリオ州トロントのアントワーヌ・エスカンダー医学博士、ScM、ICESは説明しました。 「これは、癌の診断の遅れが治癒の可能性の低下に関連しているために懸念されています。 医療提供者は、パンデミック中に見逃されたがん検診に追いつくよう患者に勧め、診断されていないがんに関連する可能性のある異常な症状のある患者を調査するために低いしきい値を使用する必要があります。」

新しい診断の減少は、スクリーニングがん(子宮頸がん、乳がん、結腸直腸がん(場合によっては肺がん)などの正式なスクリーニングプログラムがあるがん)と非スクリーニングがんの両方で見られました。 研究者らは、12,600年15月26日から2020月XNUMX日までの間に約XNUMXの癌が検出されなかったと推定しています。診断の最大の減少は、黒色腫、子宮頸部、内分泌、および前立腺の癌で見られました。

「このパンデミックは、がん検診の厄介な低下を含む、医療制度に劇的な変化をもたらしました」と、この研究に関与しなかったダナファーバー癌研究所のハロルドバースタイン医学博士はコメントしました。 「この研究は、州全体の記録が利用できるカナダのオンタリオ州からのよくできた報告であり、初期の結腸直腸(結腸内視鏡検査)、頸部(パパニコロウ塗抹標本)、および乳がん(マンモグラム)のスクリーニングが大幅に減少していることを示していますパンデミックの月。 同様の調査結果が、北米、ヨーロッパ、および広範なスクリーニングプログラムを実施している他の国々の主要な医療センターで報告されています。」

乳がんに関するNCCN臨床診療ガイドライン(NCCNガイドライン®)パネルのメンバーであるバースタイン博士は、次のように続けています。 クリニックが実施しているCOVID予防策により、人々は定期的なマンモグラム、パパニコロウ塗抹標本、およびその他の重要な検査のために医療チームを見ることが非常に安全です。 幸いなことに、ここボストンや他の多くのセンターでは、2020年の落ち着きの後、スクリーニングマンモグラムの数が急速に回復しており、定期的なスクリーニングの重要性を人々に思い出させるためにできる限りのことをしています。」

NCCNはまた、全国のがんグループと協力して、がん検診の重要性と安全性に関する情報を共有しています。

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...