シンジケーション

入れ墨除去レーザー市場は5.7-2022年から約2028%のCAGRを経験しました

著者 エディタ

Future Market Insights(FMI)による最新の調査によると、 タトゥー除去レーザー市場 179年に2018億7万米ドルで取引を終了しました。タトゥー除去レーザー市場の収益成長率は、今後数年間で有望な速度であると推定されています。 FMIの分析によると、10人にXNUMX人以上の患者がタトゥー除去レーザーの処置に美容クリニックを好みますが、タトゥースタジオの市場価値シェアは今後数年間で拡大する可能性があります。

刺青除去レーザーは、刺青除去手順に固有の最新のレーザー技術を取り入れています。 刺青除去レーザーの展望における絶え間ない発展、さまざまな地域での製品浸透の増加、革新的な刺青除去レーザーの研究開発に対する政府の支援の増加は、刺青除去レーザー市場における主要な需要決定要因であり続けるでしょう。

市場に関するより多くの洞察については、このサンプルをリクエストしてください[メール保護] https://www.futuremarketinsights.com/reports/sample/rep-gb-2013 

いくつかの新しい技術が、刺青除去レーザー市場の収益成長に貢献しています。 ただし、ピコ秒の入れ墨除去レーザーは非常に高価です。 波長の組み合わせは、入れ墨の除去のために高い需要がありました。 たとえば、レーザーヘルスアカデミーが1,550人の患者に対して実施した調査研究によると、他の入れ墨除去レーザーと比較して、XNUMX nmの非アブレーション型フラクショナルレーザー+ YAGレーザーの組み合わせで、より高いクリアランスが達成されました。 YAG + YAGの組み合わせにより、回復時間が短縮されました。

刺青除去レーザーで行われた調査研究によると、刺青除去用のQS Nd:YAG(1064 nm)レーザーとCO2レーザーの組み合わせは、インドの肌の組み合わせ面でも大幅に改善されました。 刺青除去技術の組み合わせは、QS刺青除去レーザーのみよりも効果的であると考えられています。前者は複数のセッションの必要性を減らすためです。

さらに、組み合わせタトゥー除去レーザーは、必要なセッション数を減らすだけでなく、コストを削減し、色素沈着過剰、長期にわたる炎症反応、および水疱形成などの悪影響を減らしました。 これらの組み合わせの入れ墨除去レーザーの有効性に関する広範な研究は、特に入れ墨のクリアランスに対する高い患者の要求を考慮して保証されます。 したがって、タトゥー除去レーザーの組み合わせに対する高い需要は、タトゥー除去レーザー市場を一貫して動かしています。

レポートで使用されている調査アプローチに関する情報については、リクエスト [メール保護] https://www.futuremarketinsights.com/toc/rep-gb-2013 
ただし、入れ墨除去レーザーは、さまざまな肌のタイプで異なる働きをし、複数の悪影響を伴う場合があります。 Qスイッチを含むタトゥー除去レーザーは、網膜損傷の予防のために目の保護も必要とします。 Qスイッチルビーの入れ墨除去レーザーは、高いクリアランス率とリンクしていますが、色素沈着の長期化の発生率が高いため、矛盾もしています。 刺青除去レーザーのこのような悪影響は、予測期間中に刺青除去レーザー市場の成長を妨げると予想されます。

刺青除去レーザー市場レポートは、Hologic Inc.(Cynosure)、Shanghai Fosun Pharmaceutical(Group)Co.、Ltd。(Alma Lasers)、Cutera、Syneron®Medicalなど、刺青除去レーザー市場で活動している主要企業の一部を追跡しています。 Ltd.、Fotona doo、LUTRONIC、Lumenis、El.En。 SpA(Asclepion Laser Technologies GmbH)、およびLyntonLaser。

刺青除去後のレーザー治療に起因する一般的な合併症には、長期にわたる紅斑、色素沈着過剰、肥厚性瘢痕形成、および播種性感染が含まれます。 一方、フラクショナルレーザーに関連する合併症には、一過性の色素変化、軽度の線維症、色素脱失などがあります。 入れ墨除去レーザーに関連する悪影響のほとんどは短期間で治癒できますが、それらの一部は肌の質感と色素沈着の点で深刻な合併症を引き起こす可能性があります。

お問い合わせ
ユニット番号: 1602-006
ジュメイラベイ2
プロット番号: JLT-PH2-X2A
ジュメイラレイクタワーズ
ドバイ
アラブ首長国連邦
LinkedInTwitterブログ



ソースリンク

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...