このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

ワイヤーニュース

再発/難治性大細胞型B細胞リンパ腫患者に対する新しい試験結果

著者 エディタ

アッヴィとジェンマブA/Sは本日、治験中の皮下二重特異性抗体であるエポリタマブ(DuoBody®-CD1xCD1)を評価するEPCORE™NHL-2第3/20相臨床試験の最初のコホートからのトップライン結果を発表しました。 研究コホートには、キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法による前治療を受けた157%を含む、全身療法の少なくとも38.9つの前治療を受けた再発/難治性大細胞型B細胞リンパ腫(LBCL)のXNUMX人の患者が含まれます。 トップラインの結果に基づいて、企業はグローバルな規制当局に働きかけます。

LBCLは、急速に成長するタイプの非ホジキンリンパ腫(NHL)であり、リンパ系で発生する癌であり、白血球の一種であるB細胞リンパ球に影響を及ぼします。 世界中で毎年推定150,000件の新しいLBCL症例があります。 LBCLにはびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)が含まれます。これは、世界中で最も一般的なタイプのNHLであり、すべてのNHL症例の約31%を占めています。1,2,3,4

「私たちは、アッヴィの強力な血液がんの専門知識を活用して、治療の選択肢が限られている特定の血液がん患者のために、ジェンマブとともにエポリタマブをさらに開発することを目指しています」と、グローバル腫瘍学開発担当副社長兼責任者であるモハメドザキ医学博士は述べています。アッヴィ。

このコホートのトップラインの結果は、独立したレビュー委員会(IRC)によって63.1パーセントの確認された全体的な回答率(ORR)を示しました。 観察された奏効期間中央値(DOR)は12ヶ月でした。 このコホートにおける以前の治療の平均ラインは3.5でした(2から11ラインの治療)。 あらゆるグレード(20%以上)の最も一般的な治療に起因する有害事象には、サイトカイン放出症候群(CRS)(49.7%)、発熱(23.6%)、倦怠感(22.9%)、好中球減少症(21.7%)、および下痢(20.4パーセント)。 最も一般的なグレード3または4の治療に起因する有害事象(5%以上)には、好中球減少症(14.6%)、貧血(10.2%)、好中球数の減少(6.4%)、血小板減少症(5.7%)が含まれます。 さらに、観察されたグレード3のCRSは2.5%でした。 データは、将来の医学会議で発表するために提出されます。

Epcoritamabは、両社の広範な腫瘍学コラボレーションの一環として、AbbVieとGenmabによって共同開発されています。 両社は、エポリタマブを単剤療法として評価し、組み合わせて、再発/難治性DLBCL患者の単剤療法としてエポリタマブを評価する進行中の第3相非盲検ランダム化試験を含む、さまざまな血液悪性腫瘍の治療ライン全体で引き続き取り組んでいます。 (NCT:04628494)。

「パートナーであるアッヴィと協力して、規制当局と協力して次のステップを決定し、さまざまな血液悪性腫瘍患者の潜在的な治療選択肢として、さまざまな臨床試験でエポリタマブを評価し続けます」とJan vandeWinkel博士は述べています。 D.、ジェンマブの最高経営責任者。 「私たちは、将来の医療会議で調査結果を共有することを楽しみにしています。」

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...