24時間年中無休のeTV BreakingNewsShow : 音量ボタン(ビデオ画面の左下)をクリックします
ニュース

10億台の車のうち本当に安全なのはわずか1%です

Canalysの新しい調査によると、先進運転支援システム(ADAS)機能は、10年末に世界中で使用されている1億台の自動車のわずか2020%にインストールされました。現在、新車のXNUMX分のXNUMXは、本土などの主要市場でADAS機能を搭載して販売されています。中国、ヨーロッパ、日本、米国ですが、世界の道路上の全車の半分に搭載されるまでには数年かかるでしょう。

ADASの機能には、アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、自動緊急ブレーキ、死角警報などがあります。 この機能は、センサーとカメラを使用して、車両を前方の別の車両から一定の距離に積極的に保ち、車両を車線の中央に保ち、緊急時に車両を完全に停止させ、接近している他の車両や歩行者を特定します。

新車のDAS 売ら

ADAS機能は、標準として、または新しい主流車やエントリーレベルモデルのオプションとしてますます利用可能になっています。 一例として、Canalysの調査によると、レーンキープアシスト機能は、アクティブ化されると、車両を車線に維持するためのステアリングアシストを提供し、56年前半にヨーロッパで販売された新車の2021%、52%にインストールされました。日本では30%、中国本土では63%、米国ではXNUMX%です。 Canalysは、四半期ごとに主要市場ごとに、新車に含まれるすべてのADAS機能について詳しく説明しています。

「ADAS機能を新車に搭載することで、交通安全にプラスの効果がもたらされ、事故の数が減り、死亡者が減ります。ほとんどの事故は、ドライバーの注意散漫やエラーによって引き起こされるためです。 ADASの機能は、ドライバー、乗客、その他の道路利用者の安全を守るために積極的に機能します」と、カナリスの自動車担当チーフアナリストであるクリスジョーンズは述べています。 「しかし、新車へのこれらのドライバー支援機能の浸透はかなりの速度で成長していますが、使用されている車の平均年齢は12歳以上であり、75年に販売される車は2021万台未満であることを考えると、世界で使用されているXNUMX億台の自動車の半分でさえ、その機能を備えているのは何年も前のことです。」 

のADAS 登録された 使用中の車

「2020年の終わりに、カナリスは世界中で1.05億10万台の車が使用されていると推定しています。 しかし、主要なADAS機能は約900%しかインストールされていませんでした」とJones氏は述べています。 「使用中の自動車の総数がこのXNUMX年間で約XNUMX億台にとどまっていると仮定すると、これは自動車メーカー、特にADASテクノロジーのサプライヤーとパートナーにとって信じられないほどの長期的な機会です。 現在、道路上のXNUMX億台の車にはADAS機能がありません。

「ADAS機能を古い車に後付けすることはオプションではありません。安全上の利点は新しい車にもたらされなければなりません。 CanalysのVPであるSandyFitzpatrickは、次の30年以降のADASの機会は非常に大きいと述べています。 「規模の経済により、ADASに必要なセンサーの価格が下がるでしょうが、それにもかかわらず、Canalysは現在、使用中の車の約2025%のみが50年にADAS機能を備え、2030年には約XNUMX%になると予測しています。大きな価格プレミアムなしで、すべての新しい車両の標準として、競争上の優位性があります。」

新車にADASを強制的に含めることで、普及率を高めることができます。 道路から古く、汚染が多く、安全性の低い車を取り除くための廃棄計画も役立ちます。 しかし、ADASの利点に関するより強力なコミュニケーション、需要創出、教育が重要です。購入者はADASを搭載した車を探す必要があり、機能は使いやすく、運転体験を妨げないように強化する必要があり、ドライバーは信頼して使用する必要があります。特徴。 

残念ながら、最近の部品不足とパンデミックの影響により、自動車業界は過去18か月で膨大な量の混乱を経験しました。 新車の待ち時間が長く、中古車市場は新たな命を吹き込みました。 中古車のADASが統計的に少ないため、ADASの普及率の伸びは短期的に影響を受けます。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ユルゲンTシュタインメッツ

Juergen Thomas Steinmetz は、1977 年にドイツで XNUMX 代の頃から旅行および観光業界で働いてきました。
彼は設立しました eTurboNews 1999年に世界の旅行観光業界向けの最初のオンラインニュースレターとして。

コメント